2006年11月29日

ゲーロのお(ry

42 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/29(水) 22:29:02 ID:Sk9sGFAj
蛙と話せるという設定だった中三のころの俺。
修学旅行で班ごとに飯盒炊さんしている時、急に雨が降ってきた。
俺は「チャンス!蛙いるかも!」と内心すごいはしゃぎながら、
何かに誘われるかのように虚ろな目でフラリと林の中に入っていった。
案の定小さい蛙を見つけ、また皆の所へ虚ろな目で帰っていく俺。
班内で唯一俺としゃべってくれる女子の前で
手の平に乗せた蛙を目の高さに持っていき、
「そうか・・・お前も寂しかったんだな」と話かけた。
そしてチラっと女子の方に目をやり
「俺、蛙と話せるんだよ」
俺に惚れたと確信した。
しかし次の日以降無視された('A`)
同窓会行ってない('A`)

posted by ain at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

あなたを待ってたの・・・

952 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/28(火) 02:00:35 ID:u/4LDRaX
雨の日に病気でもないのに、学校休んで自転車でひたすら走ってた。
人気のない公園などがあると、
映画の1シーンでも撮っているかのように(脳内では)傘もささずに佇む。
するとどこからか、美女が出てきて「あなたを待ってたの・・・」
とか言って、いきなりファンタジー世界に連れ込まれる妄想してたら
いつの間にか後ろの方に見知らぬ親子(母、娘)がいて、変な目でこっちを見てた。
恥ずかしくなり走って逃げたかったが、何故か優雅に歩いてその場を退いた。
posted by ain at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松たか子語録

942 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/28(火) 00:16:44 ID:Y6NuGXCY
「生まれ変わり?信じてないよ。あたしはいつだって松たか子なんだから」
「ガキなんてのはこうやってにらみつければ泣き止むんだよ!」
「あたしは男優。だからラブシーンはホモだよ(笑)。」
「幸四郎の作る飯はいつも美味いよ。」
「もこみちの演技はもっと愛されていいはずなんだけど。」
「玄米ビスケットなんてガキは食わないよ(笑)。あたしは知ってる。」
「お嬢(美空ひばり)が逝ったとき思ったね。あたしがピアフになる、って。」
「いじめなんか図工の時間でやり返すんだよ!!」
「ガキの頃なんて欲の塊。
 餓(かつ)えるばかりの鬼なんだから、ガキは"ガキ"でいーの。」
「白百合(高校)はつまんなかった。どうもブルースがない。」
「人様に運気がどーのこーの言うもうろくばあさんのウンコは臭いもんよ。」
「兄貴(染五郎)の最初のガキはあたしがこの手で引っ張り出してやった。」
「どんなに雪が吹雪いてたって、あたしん中は一年中が春さ。」
「前張りする意味がわかんない。」
「最近のタバコは肺にガツンとくるものが少ないね。」
「ズバコンはズバコン。松たか子は松たか子。ただ凛としている。」
「ホンコンさんとは魂が生き別れたと思ってる。」


※ちょっと中2病とは違いますけどおもしろかったのでw
posted by ain at 17:34| Comment(1) | TrackBack(0) | おもしろかったから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

ジーザスッ!!!

210 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/08(水) 22:00:36 ID:3xKHpZyv
中2の頃まさに中2病だった
霊感があると気取ってクラスメイトの守護霊を占った。勿論デタラメ。
その子のイメージから適当に「中世の貴族」「平安の貴族」「ピエロ」など
ふと教室の隅を見つめて「あそこに邪悪な何かがいる…」
授業中にまわってきた遊びの誘いの手紙にも
「今日は雨だから…エナジーが…ウッ(←漫画の効果音みたいな書き文字)」
小さな巾着に透明のビー玉を入れ「銀水晶」と称して持ち歩き、
休み時間ごとにトイレで読経
でも閉めは「ジーザスッ!!!」
やがて自分と同じように霊感を主張する子が現れて
お互いの霊に関する解釈の違いで衝突、敗北してやっと目が覚めた
怖いのは、抜けるまでは本気で霊感がある気になっていたことだ…
posted by ain at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふすまの向こう

906 キウィ!! 2006/11/27(月) 06:32:24 ID:e1x3BVIX
俺は地獄少女の世界観に憧れ、自分の部屋を和風と言うか、あんな感じにした。
彼岸花を満開に咲かせ、おはじきなどを地面に散乱させて、
部屋の隅には回り燈籠(お盆などに出す奴)を設置して
ふすまの向こう側に糸車を置いて、ふすまを常に閉めた状態にして
ふすまの向こうの糸車がふすまを閉めた状態にしている為に
ふすまごしに糸車の影が浮かび上がる(自動で動いている)
そして、通りゃんせなどのわらべ歌をわざとかける
そこまでするか、と言わんばかりにこだわり、完成した
あれは最高の出来だったと我ながらに思う

そしてある日友達が家に遊びに来た
俺とその友達は普段から仲が良く、何でも話し合える仲だった為
部屋に迎え入れればどんな反応をするか?と言う期待でゾクゾクした

そして友達が家に到着、意気揚々とドアを開けた
友達「さしぶり元気しとったか?」
俺「おお、今ちょっと散らかってるけどまあ入ってや」
そして運命の時は来た

友達「お前この部屋アニメの奴やん、どんなけ影響されてんねんwww」
俺「違うねん、和風の方が落ち着くから和風にしてん」
友達「シャーマンキングやん」
俺「え?」

あれから俺のあだなはマンキン
中二病ってホント心の病気だと思う
痛すぎて現実を直視出来ない
posted by ain at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

バ○

887 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/26(日) 18:47:39 ID:ch3eOYg5
全選手入場!!

黒の教科書は生きていた!!
更なる研鑚を積みケミカルな雰囲気が甦った!!!
エンッ!! ××(俺の名前)だァ――――!!!

世界の選択はすでに我々が決定している!!
ファイナルエージェントの合い言葉、
ラ・ヨダソウ・スティアーナだァ――――!!!

転校生が来しだい他の男子生徒とは一味違うキャラだと思わせてやる!!
流川でも目指してたんじゃね?
見かけねー顔だなァッ!!!

クラスメイトの守護霊を占うなら
エナジーが…ウッ(←漫画の効果音みたいな書き文字)!!
「銀水晶」 トイレで読経  ジーザスッ!!!!!!


ここまで書いて飽きた
posted by ain at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろかったから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなありがとう

890 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/26(日) 18:57:10 ID:Wi3wWXTo
中房のとき、兄弟の影響でヴィジュアル系にはまった私。
その時、自分が所属するバンド「スポンジ」(妄想w)が、
解散ライブのラストでやった曲の歌詞が、ノートに書き留めてあったので投下。

「終わる日。」詞・曲:AWA(←自分)
終わる日、僕は笑っているかな 泣いているかな
活きているかな 尽きているかな
あぁだけど君だけは 楽しくいてくれ

[MC]解散なんだ…みんなありがとう…

結成もしてないのに解散。スポンジ、AWA…。
何もかもおかしすぎる。
そして極めつけは、その時期、受験やなんかで頭が弱っていたせいか、
家族、友達かまわず、
「卒業したらバンド組んで、あたし…デッかくなっから!!」
とか言ってた事。

1人雑誌インタビューとかも書き留めてあったwww

もうやだ…
posted by ain at 19:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日記3

061124ne01.jpg

あちこちに浸透しつつあります中2病をこれからもよろしくお願いします。
( ^ω^)
posted by ain at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キウィ!!!

872 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/26(日) 13:22:22 ID:7i7Gc01t
中学の頃、闇の世界の住人に憧れ
授業中に携帯をバイブ設定にしておいて、わざとアラームを掛けて置き
バイブの振動の音が伝わり易い場所(机の中)に携帯を忍ばせ
アラームが鳴ればそれを電話として出て、
わざと怪しげな会話をする事によって自分が
闇の世界に生きている事を、周囲に漠然と裏付けようとした

そしてアラームが鳴る、
すぐにカーテン(自分は窓際の席だった)の中に入って教師に感付かれない為

隣の席には自分の好きな女の子
これみよがしに颯爽と電話に出た
「成るほど、例の件、やはり俺の力が必要ですか」
「金はいりません、ただ今回の仕事が終われば少し安息を下さい、俺は疲れた」
「ああ、それと1つだけ良いで;*jgamtgat」
一瞬にして最悪のシナリオを迎えた、
そう教師に見つかって携帯を取り上げられたのである

そして教師の公開処刑が始まる
「○○君が携帯電話で1人2役を演じて居ました」
「演劇部への入団を推薦します」など教師は冗談で言ったつもりだったんだろうが
俺は恥ずかしさと焦りと怒りのあまり、顔を真っ赤にさせ「キウィ!!!」と無意識に叫んだ、
今すぐ死にたく成ってきた
posted by ain at 14:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼく地球乙

862 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/26(日) 01:24:37 ID:16GbIAle
「植物と会話できる私」の中2病だった。
街路樹に手を当てて
「もう、何もいわなくなってしまった・・・」とか
学校の金木犀に「おはよう」とか言ったりしていた。
友達がいなかったので、犬の散歩時に思う存分
「ミーチャ(ケヤキ)今日は元気ないのね」
「ライサンダー(近所の主の木)・・・春が待ち遠しいね」とか
声に出してつぶやいていた。

中2病は中2病を呼ぶ。
近寄ってくる男の子はもれなく中2病。
なんとなく暗い未来を予感してしまったので、高2の冬に路線変更。
貴重な高校生活の半分以上を犠牲にしてしまったけど、
更生できてよかったと思っている。
posted by ain at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よく停学にならなかったね

833 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/25(土) 08:08:11 ID:qam5CFTb
俺も似たような思い出がある。
ビールを飲みながら学校へ行くっていう。

あらかじめビールを買っておくのではなく、
学校の行きにあるコンビニでビールを買って、それを飲んでた。
制服姿で朝っぱらからビールを買うのがカッコいいと思ってた。

別にアルコール中毒だったわけでもない。
ただ、>>825と同じく、何か出会いがあると思っていた。
ちなみに鞄の中にはいつも日本酒の紙パックが入ってた。
日本酒は嫌いだから飲まなかったけど、何故か鞄に入れてた。

それと、朝ごはんは学校で食べてた。しかも2時間目が終わってから。
漫画とかで早弁をする不良キャラいるじゃん?
そういうのに憧れてたんだと思う。
ちなみに4時間目が終わったあとにも普通に弁当食べてた。

そして学校の帰り道では煙草を吸ってた。
カッコいいと思ってたから。
煙草を吸う奴は喧嘩が強いと思っていたから。
でも人前では吸えなかった。

ちなみに俺は留年経験あり、そして友達がいない小心者(留年する以前から)
だから自分が強くなった気分になりたかったんだと思う。
だって不登校で留年したけど、退学せずに一生懸命やり直そうと思っていたから
そういうのに頼るしかなかったんだと思う。

酒を飲んでいたこと、煙草を吸っていたことは誰も知らない・・・
でも自分は不良キャラなんだぜ、と思って頑張っていた。
posted by ain at 14:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

お約束

825 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/24(金) 22:06:34 ID:Cd1ES12X
中学生の頃、
転校生が来て出会い頭にぶつかって始まるマンガに憧れてて
いつぶつかっても良いように遅刻でもないのに
毎日食パンを口にくわえて登校してた…
しかも、自転車で30分もの間…
(何時来るか分かんないから30分の間くわえっぱなし)
雨の日でもやってて食パンがふにゃふにゃに成ったりもした。
食パンが無くなった日には菓子パンやピザパンで代用してた。
毎日、毎日、何時現れるか分からない転校生ことだけを想像しながら登校し続けた。
マジで遅刻しそうに成ったときでもパンは口にくわえてた。
結局、中二からやり初めて三までやり続けたが転校生はこなかった。
いま考えると、パンをくわえてたのは転校生の方だな…
俺の努力は無駄だったんだな…
そのほかにも、邪気眼めいたこともやってたな…orz
posted by ain at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

…嘘つき。

763 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/22(水) 23:18:37 ID:Sk+EyNQP
友人が中二病っぽい。
高校時代、「同世代の男子なんてガキ過ぎて有り得ない。
もっと大人じゃないとw」と、20代前半の学校の先生に惚れていた。
その惚れ方が気持ち悪く、誰かが先生と話していると男女問わずに嫉妬。
「アイツ(先生)が悪い。私の気持ちを知っていながら…」
とキレながらもラブレターで告白。
どちらにせよ学校の先生と生徒じゃ付き合えないからと、
「返事は卒業後にお願いします」と書いたらしい。
卒業式の日、同じクラスの男子と付き合っていたことを知った。
(先生のことはそれ以来、会話にすら出てこない)

更にヲタであることをアピールしたがる。
「2ちゃんねるは見ないけど2ちゃん用語は完璧だよ!」と言いながら、
日常生活で2ちゃんねる用語連発。
本当に好きなんだろうがキティちゃん大好き、
ぬいぐるみに名前をつけ会話をしたり、「ふにゃー」とか言う。

そんな気持ち悪い面もいくつか見えているんだけど、友人の日記はかなり酷い。

(友人の日記の一部)
過ちを犯すのはどんな気分?
甘美?
罪悪?
爽快?
苦悩?

たまにすべてを棄てたいと思う。
私が築いた世界を…すべて。
干渉されたくないんだ。
文句、否定、罵倒…、飛び交うものに精神が冒されるだけだから。
全身が浸食され、世界は崩壊の一途を辿る。
言葉さえ交わさなければ、関わらなければ、知らなければよかった。

…優しくされなければよかった。

偽りなら、
要らない。
偽善者、偽善者、偽善者…。
偽善者集団。
偽り。虚栄。見栄。芝居。…嘘つき。

こうやって何も信じられなくなるんだ。だから壊すよ、この世界を。

そしてまた始める。新たなる世界の構築を。
これが最後でありますように。
私は切に願う。
これを最後にします。
これを最後にします。
もうやり直したいなんていいません。
これを最後にします。
posted by ain at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血が騒ぐ

762 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/22(水) 23:07:26 ID:qNgO5bV/
他人の話なんだけど、芸大通ってた頃に知り合ったT。
「欧州という響きを聞くたび血が騒ぐ」と口癖のように語り、
尊敬する人はダヴィンチとモーツァルトだった。
教室ではいつもダヴィンチの画集を開き、指でページを撫でながら
「ダヴィンチには頭が上がらない」みたいなことを言う。
また、ヨーロッパ好きの勢いが余ったのか、学食にもマイナイフ・フォーク持参。
学食のおばちゃんが箸を付けようとすると、紳士的に片手を突き出し、
「失礼、俺はナイフ・フォーク派なので」。途中からTに箸が付かなくなってた。
あと、モーツァルトのベーズレ書簡にいたく感銘を受けたらしく、
文脈関係無しに「脱糞」とか「尻の穴」とか言うようになった。女子が周りから消えた。

そんなTが3回生に上がる直前、急に自主退学をした。
日本じゃなくヨーロッパで勉強したい、という立派な理由での退学だった。
でも先日、大学から少し離れた所にあるスーパーにて、
バイトらしき子を指導しながら商品補充しているTを見かけた。
Tは根はいい奴だったから、新人教育に向いていると思う。
posted by ain at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

宿主

263 おさかなくわえた名無しさん 2006/09/27(水) 00:10:29 ID:ChllWDc+
まさに自分が中二の頃
自分=某大好きすぎるマンガの大好きすぎるキャラ、と信じてた 
でもそのキャラは性別も違えばそもそも人間ですらなかったので、
「自分=某キャラは現在の肉体にうっかり乗り移ってしまった」
という設定にしていた。その設定実行日の朝は勿論
「ん……?(珍しげに部屋を見回す、体を触る)
ああ、いかんな……どうやら力を暴走させ過ぎた…
チッ、忌々しいが暫くはこの身体、借りるとするぞ、宿主」
と説明的セリフと行動を忘れない
わざとぎごちなく振る舞うことを忘れず、
母親に呼びかける時は額を押さえながら「……女、……いや、母……さん」
教室に入れば隅で腕を組んで
「クク……この俺がこんな子供騙しに付合わされるとはな」
驚くべきことにこの設定は一年近く続いたらしく、卒業文集の一言欄に
真なる魂を案ずるばかり也とか何とか書いてた。
そのキャラ也とか言わねえよ。
posted by ain at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

っくは…ふん…

308 おさかなくわえた名無しさん 2006/10/22(日) 15:25:19 ID:z7+jF7D9
以前大学の漫研で百物語した時、主催者が最初に
「この中で霊感がある人、居る…?」
て聞いたら、参加者の男子十人中四人、女子十六人中十人が手を挙げた。
まだ中二病の盛りなんだろうな。
ちなみに途中で「あぁ、霊が!窓に!窓に!」と騒ぎだす女や
「…っくは…ふん…俺を乗っ取ろうってか…」とか言い出す男が出てきて、
百物語よりそっちの方が面白かった。
posted by ain at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

★殺し屋

187 水先案名無い人 2006/08/06(日) 20:25:56 ID:hVcQkPAO0
高校生の時に謎の組織に雇われた殺し屋を演じていた。常に黒い皮の手袋を着用、
昼休みに屋上へ上がり(俺の好きな娘が屋上で弁当食べるのを知ってたから)
その娘のすぐとなりで、あくまでも相手に気づいてないふりで携帯を取り出し
「この時間帯は電話しないで下さいっていったじゃないですか」
「ええ、わかってます。今日中にヤるから大丈夫ですよ」
「またですか・・・?まぁ、金さえ払ってもらえば結構なんですがね。で、次は誰です?」
とか一通り言った後、体を震わせながら「クックック・・・」と薄ら笑いを浮かべてた。
なぜかそこでその女子が俺の行動に興味を持ったらしく、
「ねぇねぇ、今誰と喋ってたの?」って
聞いてきたから俺は思わず調子に乗って
「言えないよ・・・言ったら君を消さなきゃならない」
と言っておいた。相手は全く理解できなかったようで、ハァ?みたいな顔をしてた。
そこで俺は相手の顔をじっと見つめたあと、
決意したように携帯で架空の番号に電話をかけた。
「・・・もしもし。すいませんが、さっきの話、無かったことにしてください」
「ええ、金もいりません。もちろん警察に言うつもりもありません」
「死ねない理由が出来たんですよ・・・俺はこの人を守らなければならない」
と言って電話を切った。
自分ではカッコいいと思っていたが、なぜかそれ以来いじめられる様になった。
posted by ain at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 殿堂入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

我がいしずえとなるがいい

320 ひよこ名無しさん 2006/09/24(日) 18:26:05
厨房のとき、なんかの漫画かアニメにハマってたんだかなんか知らないけど
やたらキャラ作る奴がいてね。
普段なんか嫌なことがあると周囲をひとにらみしてから「暗黒の世紀が訪れるぞ」
とか言ってた
誰かが「意味わかんねぇよ」って言うと、そいつのとこにツカツカ歩み寄ってって
「訪れる…という言い方では御幣があったかな。失敬。言い直そう。
私が暗黒の世紀をもたらすのだ」
とか言って。さすがにそこまでいくと周りもシーンとなって。
俺もなんてコメントしたらいいかわからなかったよ。
で、当時親を呼んで普段の子供の授業態度を見るっていう、いわゆる授業参観
みたいな行事があってね。
そのときにそいつが先生に当てられたわけ。
そいつ最初じっと黙ってて、答えがわからないのかな?って思ってたんだけど
しばらくしたら突然
「こんな愚かな茶番で何の利益が上がるというのだ。答えろ!」
みたいなことを言ったの。わりと大声でだよ。隣のクラスにまで聞こえそうなぐらい。
父兄とか先生の前で。空気が凍りついたよ。
先生がどうしていいかわからないながらもなんかモゴモゴ言ってると、
突然そいつの親らしき女の人がそいつに近づいておもっきしビンタ。
そんで「バカあんた!教えてくれる先生に向かってなんて口訊くの!」って。
もう半泣きで。
子供のほうも半泣きになりながら「た、たわけ…」とかって言ってた。
授業終わったら親が平謝りしてた。子供は親の横で力なく
「わ、我がいしずえとなるがいい…」
とか言いながら親にいっしょに頭下げさせられてた。
posted by ain at 17:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

日記2

・風邪ひきました( ´・ω・)
ちょっと更新が少なめになっちゃうかもしれないです。
蔓延中らしいので皆さんもお気をつけ下さい。

・アクセス数3マソ突破
日に日に増えていってます。
Seeseaブログには簡単なアクセス解析がついているのでリファラ見たんですがどうもどこからもリンクはされていない様子です。
一体スレには住人が何人いるのでしょうか(;^ω^)

・殿堂入りネタとして他所でも有名な過去ネタを収録してみようかなと思っています。
まとめサイトのとか何度読んでも胃が痛くなるおもしろいですからね。


それでは箇条書きですみませんがここら辺でラ・ヨダソウ・スティアーナ。
posted by ain at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

っふ・・・傷痕を持たぬ物にはわからんだろう・・・

1 VIP悪魔 2006/11/13(月) 22:38:08.78 ID:tr+Tu2gw0
ホグワーツの頃カッコいいと思って、
怪我もして無いのに額に包帯巻いて、突然額を押さえて
「っぐわ!・・・くそ!・・・また暴れだしやがった・・・」とか言いながら息をを荒げて
「例のあの人がまた近づいて来たみたいだな・・・」なんて言ってた
クラスメイトに「何してんの?」と聞かれると
「っふ・・・・傷痕(自分で作った設定で俺の持ってる稲妻形の傷痕)を持たぬ物にはわからんだろう・・・」と言いながら人気の無いところに消えていく
O.W.L中、静まり返った教室の中で「うっ・・・こんな時にまで・・・しつこい奴等だ」
と言って教室飛び出した時のこと思い返すと死にたくなる

魔法薬学の授業で実験してて額を痛そうに押さえ相手に
「が・・・あ・・・離れろ・・・死にたくなかったら早く俺から離れろ!!」
とかもやったスネイプも俺がどういう生徒が知ってたらしくその実験は俺抜きで終了
毎日こんな感じだった

でもやっぱりそんな痛いキャラだとスリザリンの生徒に
「傷痕見せろよ!傷痕!」とか言われても
「・・・ふん・・・小うるさい奴等だ・・・失せな」とか言ってスリザリン生逆上させて
呪いくらったりしてた、そういう時は何時も額を痛がる動作で
「貴様ら・・・許さん・・・」って一瞬何かが取り付いたふりして
「っは・・・し、静まれ・・・俺のパトローナスよ・・・怒りを静めろ!!」
と言って腕を思いっきり押さえてた
そうやって時間稼ぎして休み時間が終わるのを待った
授業と授業の間の短い休み時間ならともかく、昼休みに絡まれると悪夢だった
posted by ain at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | おもしろかったから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。