2006年12月26日

どどどどどうしよう

778 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/25(月) 17:17:49 ID:GYTMfBvL
中学の頃、カッターの刃を藁半紙に包んだ物や千枚通しを
制服のポケットに入れてた。人目につくところでチキチキやってたなぁ。
怪我もしてないのに腕に包帯巻いたり眼帯つけて登校したりとか普通だった。
ある日何気なくポケットに手を突っ込んだ途端、嫌な感覚が走った。

思いっきり切れてるどどどどどうしようdfsあassdsfdgf!!!!!
床に滴り落ちる血、大騒ぎするクラスメイト。一番驚いてるのは私
あまりの痛さに半ベソになりながら保健室の先生に止血してもらった
それ以来カッターを学校に持ち込むのは止めたが、手に残った傷跡を
見るたびに死にたくなる
posted by ain at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

オロチ薙

701 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/23(土) 06:27:17 ID:jqzkPfij
人気2D格闘ゲーム”THE KING OF FIGHTERS '97”が
稼動したばかりだった中二の頃に、KOFの主人公”草薙 京”の妹であり、
草薙のライバルである”八神 庵”と同じく、オロチの血を引いているという友人がいた。
(ちなみに彼女は設定で草薙一族なので自分の事を薙と呼ばせていた)

ある日、薙の両腕に刃物で何度も切られた細い傷痕(凶器は紙?)があった。
本人曰く『暗殺の任m…じゃなくて、男に喧嘩を…ね。……今の誰にも言わないで』
どうやら薙は草薙一族に生まれつつもオロチの血を引く暗殺団員だったらしい。

時折、薙から暴走薙に変わる瞬間が垣間見える事もあった。
『その時△△ちゃんがs…ゲブッ!!!また血吐くとこだっt…クソ…オロチ……グォハァッ!!』
真っ白な雪の上に真っ赤な液体が吐き出された。
ちなみに薙の手には『暴走で吐血してばっかで血が足りないから』という理由で
先ほどコンビニで買った開封済みトマトジュースが握られていた。

そしてあの日、
男子に絡まれる女子の様子を見てとうとう薙の中のオロチが休み時間の教室で覚醒。
右腕に浮かぶ、授業中にシャーペンで引っ掻いたミミズ腫れの様なオロチの紋章。
『ヴォォォォォォォォォォ…!!!』と雄叫び。色々な意味で暴走してはいるが顔はほぼ真顔。
オロチ薙は男子に暗殺者とは思えない遅さで走り寄り、
原始的なドロップキックをお見舞いした。

女子達「薙すごーい!かっこいいー!」
薙『いい加減にしろや□□(男子の名)!!嫌がってるだろうが!』
…おいおい薙さんや、オロチ薙はどこに行ったのかねw

オロチ薙の覚醒から数ヵ月後、私が転校したので彼女のその後は不明。
10年近く経った今でも私が暴走薙・オロチ薙の状況を鮮明に覚えてるんだから
本人はきっと今でもふと思い出しては顔を真っ赤にしてるんだろうなーと思いますw
posted by ain at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DEATH NOTE The Your Name

691 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/22(金) 20:37:20 ID:We5kIRLW
友人がデスノートに感化されて大学ノートを黒く塗ったものを学校に持参した。
友人は休み時間中にDQNグループを見て小言で「世の中腐ってる」と
ほざき目立たないところで自作デスノートにDQNの名前を書いていた。
しかしある日DQNにそれが見つかり自作デスノートに自分の名前を書かれたうえ、チョークスリーパー喰らって最終的には自作デスノートを破られた。

更に友人の親はその後PTAに呼び出し喰らったらしい・・・
posted by ain at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぷよぷよ連鎖ボイスつくろうぜ

576 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/22(金) 02:54:05 ID:udwhCa/7
俺/邪気眼

開始ボイス っぐわ!・・・くそ!・・・また暴れだしやがった・・・

一連鎖 奴等がまた近づいて来たみたいだな・・・
二連鎖 うっ・・・こんな時にまで・・・
三連鎖 しつこい奴等だ・・・
四連鎖 ふん・・・小うるさい奴等だ
五連鎖 ・・・失せな
六連鎖 っは・・・し、静まれ・・・
七以上 俺の腕よ・・・怒りを静めろ!!

ダメージ っぐわ!
大ダメージ 貴様ら・・・許さん・・・

勝利ボイス っふ・・・邪気眼(自分で作った設定で俺の持ってる第三の目)を持たぬ物にはわからんだろう・・・
敗北ボイス が・・・あ・・・離れろ・・・死にたくなかったら早く俺から離れろ!!
posted by ain at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | おもしろかったから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クスリ

687 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/22(金) 14:14:40 ID:cUEIyKBX
高校生の時スナッフィーって鼻から吸引するハッカの粉末がマイブームだった。
一箱500円だったかな
手の甲に少しその粉末を出して一気に鼻で吸う。
スーーーーッとして気持ちイイ。
法で禁止されてる薬物に見える気がして電車内でワザワザ吸ってた。
友達もわざと大きな声で
「例のクスリ、俺にも吸わせろよ」
とか
「クゥーー!やっぱキク。スッキリするぜ。」
とか言ってた。
俺も当時は
「無法者チックな俺達カッコイイ」
って思ってた。
アレは間違いなく集団中2病だった。
posted by ain at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

日記5

( ^ω^)おいすーです。
最近またエピソードの投下が増えてきて嬉しいこの頃です。
そのかわり胃薬の出番も増えるんですけどね。

さて、お気づきの方はお気づきかもしれませんが
このブログの横にAAが貼ってあります。
主に中二病に関連した書籍を集めてみました。
これから少しづつ増やしていこうと思います。
リンクの中にアカウントが混ざっていますが画像付のリンクを
貼るためだけの一円も入ってこないアカウントですので
2ch関連のアフェリエイトがお嫌いな方もお一つどうぞ。
ニーチェおもしろいよニーチェ(*´Д`)
posted by ain at 09:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳴戸

251 本当にあった怖い名無し 2006/12/20(水) 18:08:22 ID:IhNBuSZO0
中二病だった俺は、カッコイイと思いこみ、
暁専用の(赤雲)の柄が入った服をオークションで購入し(コスプレ衣装)
夜、それを着て俺は近所の駅に繰り出した。
すると、ベンチに座っていたDQN2人組が俺に絡んで来てこう言った。
1人目の男が驚いた表情で「お・・・、お前は・・・。」
そして、その場に居るにも関わらず、
2人目の男が少し遅れたテンポで俺に絡んで来た。
「茶屋で怪しい奴を見かけたと思ってたら、まさかお前だったとはな。
 あんな大事件を起こして置いて、よくもまあ堂々と帰って来れたもんだな。」
恐らく俺の立ち位置は『イタチ』、そして場の空気を呼んだ俺は、
「俺に関わらないで下さい、あなた達を殺すつもりはない。」
すると、1人目の男が「へっ同胞殺しのお前の台詞じゃねーな。」
そして2人目の男がこう言った、「この人結構うるさいですね、やりましょうか。」
一人目の男「ああ、だがお前の技は目立つ、少し抑えろよ。」
みたいな事を言い腕を鳴らし始めた。
そこで俺は気付いた、
いつの間にか俺が木の葉側の上忍『アスマ』の立ち位置に居る事に。
そして少し迷ったが俺は場の空気を察し、こう言った。
「おめーらは今から俺がとっちめる。」

数分後に大泣きして謝る俺の姿がそこには有った。
そして持ち合わせていた、現金4万7千円は颯爽と財布から抜け出して行った。
新手のカツアゲを目撃した瞬間だった。
posted by ain at 09:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

盗んでないバイクで走り出す

653 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/20(水) 08:23:21 ID:SGZDF8Tx
高一のとき、女のくせに尾崎豊の15の夜に憧れて
深夜の田んぼ道をカーチャンの原付で走っていた。
無意味な涙を目に浮かべながら。
完璧に悦に入っていた。
ある日、落ちていた大きめの石を轢いてバランスを崩してしまい、
原付ごと田んぼの中に突っ込んだ。
必死で引き上げようとすればするほど原付はズブズブと埋まっていく。
最終的には泥まみれで大泣きしながら両親に助けを求めた。
原付はトーチャンが引き上げてくれたけど、
カーチャンに断りなく借りていたので無茶苦茶怒られた。

それ以来15の夜ごっこはやめました。
posted by ain at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森のクマさん

645 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/19(火) 19:07:09 ID:jT9A4Q+F
記憶が確かではないが…あの童謡「森のクマさん」のクマさんに出会った時、
あのクマ、「お嬢さん、お逃げなさい」とか言っていなかったか?
森の中でクマよりも恐ろしい生物が存在するのだろうか?
それとも「俺の理性がコントロールできているうちに早く!」という、
悪魔に体が乗っ取られた仲間が自分を犠牲にしてまで主人公を逃がす、
テレ東の夕方のアニメの感じか?
そんなハズはない。
記憶に残っている歌詞の他の部分にヒントはないか?僕は考えてみる。

「クマさんの〜言うことにゃ」
語尾が「にゃ」…間違いなくネコだ。
主人公のお嬢さんはネコだ。
さすれば、ネコが逃げないといけない存在は何かと考える。
順当にいけば犬である。

そして僕は思いつく。

お嬢さんのネコが逃げる時の足音が「スタコラサッサッサのサ〜」
…「スタコラサッサ」は間違いなく泥棒の足音だ。
そういえばあのネコ、
「白い貝殻の小さなイヤリング」を落としていなかったか?
盗品に違いない。間違いなく泥棒だ。

泥棒が逃げなければいけない存在といえば、警察。
そういえば犬は「犬のおまわりさん」という歌があるくらい…やはり警察だ。

そういえば猫は「どろぼう猫」という言葉があるくら…やはり泥棒だ。

ようやく解明できた。
童謡「森のクマさん」は、「警察と泥棒の攻防戦」を歌った歌である。
posted by ain at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろかったから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボスラヘヌヌ菌は唾つければ治る

624 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/18(月) 22:38:42 ID:8le7ipHB
文章下手だけど暴露します。
小五のときは自分はキモブタでした、しかもキャラ設定が【軍曹】。
しかも悲しいことに近くに中二友達がいた、その子のキャラは【隊長】。
そして二人の間にくりひろげられた会話は…
軍曹「ナイフってあんまとばんね」
隊長「こうなげるんですよ。」
軍曹「違うよ、こうだよ」
隊長「はっ、君はそんな事言ってるけど、ナイフ投げた事あるのかね?」
軍曹「あるに決まっとるだろう!公園でいつも投げたわっ!
   百メーターさきからもいけるわっ!」
隊長「俺なんか(ry
みたいな感じ。で、俺の中二は助長された。
そんである日遠足でコケた女の子(激カワ)がいたとき、
これはチャンスと思い真っ先に助けに、
軍曹「大丈夫かっ!
   草にはボスラヘヌヌ菌(←ふぐの毒をまちがって)がうようよしとるから、
手当てしなければ」といい、唾をつけようとした(←最早変態)
女の子は「ヤメテヨッ!キモッ!変態じゃん!」
といいみんなのところに駆け足で逃げてった…
キョドる俺、引く女子、笑う男子、引く隊長。
その後放課後のクラス会で問題になった。
先生になぜしたのかと聞かれた俺は半泣きで
貴様に俺の気持ちが分かるかー!と言って殴られた。
その後俺のあだ名は【半泣きの変態】で固定化された。
posted by ain at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ボクシングの亀田会見全文

579 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/16(土) 01:30:34 ID:qaCHldDu
「ガンを宣告 された男の子が、俺を応援してくれてん」
「もう無理と言われてるのに、おれの試合を見るために、
 がんばって生きてるんや。その子との約束を守りたいねん」
「いま世界的な名医がその子の手術することになってんねんけど、
 無免許なんやて。そんで、何億も手術代請求しよんねん、えげつないわ」
「せやから、この試合のファイトマネーで、その手術代払ったんねん、まじやで」
「なんやしらんが、ランダエタの後ろには世界的な闇の組織が動いてるらしいわ。
 せやけど、おれのこぶしは宇宙一やからな、
 今友達のスーパーハッカーがIP抜いてんねんで」
「怪我せえへんかったらこのスレの2ゲットもできたん違うかな」
「親父のボクシングが癌治療にも通用するって証明したるわ」
「妹の運動会でて、石油掘り当ててん。ボクシングなんかせんでも億万長者や。
 ごっつい油田やで。ダイヤモンドと、ルビーかな、ルビーも出るんや。あの緑のやつ」
「これまでにCDは200枚ぐらい出してるで。全部ベストセラーや」
「妹の運動会の日は、鈍行の駅に特急止めたんねん。新幹線やで」
「森永のチョコボールあるやろ、あれなんか銀のエンゼル百発百中や。
 カリスマやからな」
「今度勝ったら国連が博士号くれんねんて。なんや金色のごっついやつらしいわ」
「こないだ話があってんけどな、ノーベル平和賞とかいうのももらえんねん。
 聞いたことない賞やけど、なんやごっつい賞らしいわ」
posted by ain at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろかったから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J.P.A.Martini - Plaisir d'amour

576 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/15(金) 18:40:24 ID:OSfAfNwY
中学校時代、ベタベタな音楽系中ニ病な男の子の隣の席になった。
見た目はジャイアン+のび太。
とにかくトランペット命で、
「孤高のトランペット吹き」を強調していた。
「俺、無口な方なんだ」と言っていたが、
その割にはベラベラとよく喋る。
8割がた音楽の話だった。
もちろんクラシックしか興味ないから、最近の歌は分からないらしかった。
授業中、トランペットの吹き方(らしい)の練習をしていたが、
ブッブッと五月蝿いし、唾が飛んでて汚かった。
何も話し掛けてもいないのに
「新しいペット欲しいんだよなあ、コレいいなあ」
と言いながら楽器のカタログを見せてくれた。
彼が欲しがってるのはトランペットでは無くコルネットだった。
もちろん「俺、将来音楽修行をしに海外へ行くんだ」とも言っていた。
そしてある日の夕方、通学路となっている公園で、
ブランコに座り夕日に向かってトランペットを吹いていた。
通り過ぎようとしたら、
「お、○○(私の名前)、帰りか?一曲聞いてけよ!」
引き止められたので、聞いた。
吹き終わったあとに感想を聞かれたが、下手だったので、
正直に「下手だね」と言った。
わめきながらどっか行った。その後本当に無口になった。
その後彼は私に惚れてたと聞いた。
というか彼の友人に「あいつ(私の事)俺に絶対気がある」
と自慢げに言っていたらしい。
私は彼に惚れていないので、非常に腹が立った。
後になって分かったのだが、彼が吹いたのは「愛の喜び」という曲だった。
posted by ain at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修羅の刻

571 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/15(金) 15:17:27 ID:DJptmrOH
会社の後輩が中2病だった。
まじめで仕事はきちんとやってくれるのだが←だから、周囲への被害は小さい。
「幕末の暗殺剣(無論、一子相伝)の継承者」という設定が痛かった。
「明治になり、政府によって弾圧され、京都から赤穂へと逃げ延びた」
「曾祖父は日中戦争で特務機関の一員として要人の暗殺を任されていた」
「祖父は第二次大戦中、陸軍中野学校の教官をやっていた」
最初は私も含め、周囲も信じていた(設定がうまく歴史と組み合わさっていた)のだが、
話がエスカレートし「祖父はケネディ暗殺の真相に関わっていた」となると、
さすがに「え?」という感じになってしまった。
ちなみに漫画ヲタの同僚によると、彼の語る設定は、
「るろうに剣心」と「修羅のナントカ(シリーズらしい)」の複合だとかなんとか。
根はすごくイイ奴だっただけに、
彼の虚言癖だけが惜しいと、よく上司としみじみ話してたなぁ。
今はIT業界でコンサルタントだかプロデューサーだか
よくわからない立場で講演会までやったりしてるらしいけど…
暗殺剣の伝承は、君の代で終わらせた方がいいと思うよ…
posted by ain at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーティ

566 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/15(金) 13:22:45 ID:E+dTHibR
中産の頃。
私服で学校通うアメリカンに憧れ、
Back to the futureのマーティ(マイケル・J・Fox)に成りきり、
スケボーで道行く車の後ろにつかまろうとしてた。
もちろん学校にもスケボーを持ち込み(大してうまくもなく)校内の移動には、
先生がいないところでだけスケボーで。
スケボーもプロショップで売っているような本格派で
はなく、ジャスコとか量販店で売られているような激ダサなやつ。
しかしある日の朝、いつものように車につかまろうと頑張っていたら
バランス崩してスケボーを滑らせ、そのまま走ってきた車に踏まれて真っ二つ。
車から降りてきたヤンキー風兄ちゃんにめちゃ怒鳴られた
posted by ain at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュンジがヨシノリに

563 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/15(金) 08:04:33 ID:MnhpNia7
中二病で小説を書いている方が結構いらっしゃいますが、
わたしはさらに小説がテレビドラマ化されたという設定で、
架空のムック本(手書きです)を書いたことがあります。
公式設定や出演者インタビューに加えて、
プロデューサーと監督と脚本家の3人が座談会で
撮影を振り返るという、イタすぎるにも程がある内容でした。

――ところで、ラストシーンでハプニングがあったとか?
プ)現場のハプニングではないんですがセリフ(※1)が撮り直しになったんですよ。
監)だから口パクとあってない(笑)
脚)明らかな禁止用語とかと違ってスポンサーの絡みだとどうしようもないですからね。
監)突然のことだったのでスケジュール的には大変でした。

原稿用紙の欄外に↓
(※1) ジュンジがヨシノリにワインを勧めるシーンにおいて、
    スポンサーの酒造メーカーからクレームがついた。

欄外に自分で書いた注釈がイタすぎますね(泣)
周囲にばれることなく処分できたのが唯一の救いです。
posted by ain at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心にゆとりを

67 風と木の名無しさん 02/10/18 06:02 ID:KioY8/gM
私も…妙な優越感で…恥ずかしい過去がありまつ。
小学の頃、北海道から某県に引っ越してきた私は、
「北海道の人間は大地が広い分セコセコしていないから、約束の時間に遅れるの」
と友達に言い、実際約束破りをしまくり、
なのに「北海道人」は「優雅」だと偉ぶっていました。
厨房の頃、文学少女を気取っていた私は、
一ヶ月に二冊読む程度なのに「趣味は読書よ」と友人に擦り込ませてました。
「文学少女=カッコイイ」事だったんでつ。
高校の頃、澁澤を知り、サドというものも知り、
「サド=カッコイイ(謎)」と思った私は、
「私はサドなの、女王様ってやつ」と友人に擦り込ませてました。
そして、大学時代…
「約束は守らない北海道人で文学少女でサド」を気取る私は、
「マニアックな小説しか読まないの。一般小説なんてバカが読むもんよ」
「約束なんて覚えてないわよぉ。だってほら、私って北海道生まれだしサドだから」
という態度を友達にしていました…。
しかし、厨房・高校時代と違うのは、
無理してまでそういう本を読み「他の人と私は違うのよ」と悦に浸ることでした。
もちろん、この頃買っていた同人は「SM」のみでつ。
甘々を買う友人を見下し「ぬるくてアホにはお似合い」とまで言ってました。

そして、今――
文学少女でサドで理由がない選民意識を持っている女の側には、
学生時代を過ごした友達が一人も居ません…(当たり前)…(;´Д`)
この情けない過去は、小説サイトのプロフで
「趣味/読書」「好きな作家/澁澤」「好きなシチュ/SM」
……という文字を見るたびに思い出し、叫びたくなります。

ヲヲヲヲー ォォォォオオオオオオーーーーーー
北海道の方…ごめんなさい。悪気は無かったんです…本当です
posted by ain at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

神埼麗美

535 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/13(水) 15:46:13 ID:Z62oN0pJ
自分は高校一年の入学したての頃、
中学の頃付き合ってた女と夜に自転車で二人乗りして良く色んな所へ行った
そしてある夜、そいつと一緒に結構離れた池「ダム」に行った
小規模ダムなんだが、国道に面している上に水面に光が反射したりして
とてもロマンチックな雰囲気をかもし出してくれた
話が変わるが、当時俺は
漫画「GTO」の神埼麗美(IQ200の不幸な過去を持つ天才児)のスペックに憧れ、
そのキャラを自分に置き換えた 。
そして、反射する光の中彼女に背を向け、
そのキャラの生い立ちなどを自分の生い立ちに置き換え、
お前だけには話しておく、みたいな事を言い
「俺は作られた子だ」
「俺のIQは170←疑わしくない程度に」
「家に帰っても(○○俺の名前)としての俺が漠然と存在するだけ」
などと有る事無い事ふれまわった。
彼女はそれを信じてくれ、俺を一生懸命慰めてくれた
その後、色々な事情ですぐに地元を離れたが、
今彼女に会う勇気など有る筈も無く
あー死のう、今すぐ死のう
posted by ain at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

★バルキスの定理

901 水先案名無い人 2006/09/24(日) 12:42:08 ID:e8dN2btR0
厨房の時に超頭がよくてそれを隠してるってゆう秀才を演じてた。
休み時間は何もないのに自分の左手に右手で
何か書きながら上を向いて考えてるフリしながら
「xが3だからバルキスルスの定理に乗せて・・・」
(自分で作った定理)とか言ってた。

女子が頭いいんだね〜とか言われたら
「いや・・あ・・親父が外国から帰ってきた時出された問題でさ」
みたいなコナン風な感じで頭がいいイメージをうえつけようとしてた。
誰もが俺には難しい問題を投げかけようとしてきたけど
「教科書レベルか〜。俺にじゃなくて参考書に聞きなwwはははww」
みたいな感じで切り抜けてきたけど
受験時にいきなり模試の成績がはりだされてダントツの最下位だった。

誰もが不信な目で見始めたけど
「テスト中はバルキスの定理解いてたわ〜」とか言ったら
担任が教室に入ってきて

「○○〜おまえ頭よさそうなのにな〜毎回あんなもんだけど
次はがんばれよ」て皆の前で言われた。
posted by ain at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 殿堂入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

きひゃあああああ!!!!

392 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/09(土) 18:30:36 ID:eOo20AJF
小学六年生の夏、私は鬼だった
放課後までは普通に生活するんだが放課後になると
「私は鬼・・・誰も近づかないで・・・(これ重要文句)」と呟き
平仮名で名前の書かれた刃物を持ってクラスメイトを追い掛け回す。
走り方もただ追いまわすのじゃなくて机にとびのったり
「きひゃああああ!!!」とかいう叫び声をあげながら。
しかも設定は「鬼になんかなりたくないの!でも、でも私鬼になっちゃうの!」
みたいな感じだったので
「ごめんなさい!こんなことしたくないの!きひゃあああああ!!!!」
とかいいながら追いまわしていた。
それから刃物持込禁止という校則ができてはさみを持ち込めなくなった。
少し「鬼」の出現度を抑えたものの「鬼」やり続けた私はある日の帰りの会。
「○○さん、ちょっと立ちなさい」と立たされる私。
「貴方、はさみ持ってきてるそうね?何でなの?」
立ったままおろおろする私に「鬼なんだろーwww」とはやし立てる周りのクラスメイト。
クラスメイトの爆笑とそれに怒る先生の声に耐え切れなかった私はトイレに駆けこんだ。

小学六年生の冬、私は「トイレの花子さん」になった
posted by ain at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーローwww

383 おさかなくわえた名無しさん 2006/12/09(土) 10:22:30 ID:TfB2t7JQ
厨房の頃、家の方向と帰り道が同じクラスメイトの女を、俺は好きに成った
クラスも同じだし、良く話したりもして、ソコソコ仲良くも成ってたと思う
そしてある日、俺がその女に「たこ焼き喰いに行かね?」
とか誘って一緒に帰る事に成った
当時の俺の設定はズバリ名探偵コナン。
その女とたこ焼きを喰って家に向かう帰り道で、
ワザと携帯を鳴らし(アラームで)颯爽と電話に出た。
俺「もしもし、ああ、薬の方の解析はまだだ」
「それより例の組織が尻尾を出した、黒の組織さ」
「奴等は俺が必ず追い込んでやる」
「ああ分かった、盗聴器と発信機は設置済みだ」
「博士にも大まかな事は一通り話して有る」
「またこちら側から連絡する、引き続き捜査を頼んだ」
とかやりまくった。
そうする事によって彼女が俺を「組織を追ってる探偵」などと
察してくれるだろうと踏んだからだ
しかし何故か彼女はノーコメントだった

そして、それから俺のあだ名は「名探偵コナン」
そしてまた職種を変え、現在は化け物退治を請け負っている
posted by ain at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。