2007年07月31日

214はやさしい子

214 おさかなくわえた名無しさん 2007/04/09(月) 20:51:33 ID:f8tbcoRA
いたな...
クラスメイトに中2病の奴。
そいつは自分は死神だと思いこんでいて、毎日夏も両手に黒い手袋してた。
どうやらその黒い手袋をはずすと死神だから(?)死ぬらしい。
ある日俺が隙を見てそいつの手袋を片方はぎとってやった。
その瞬間そいつは床にふせもがき苦しんで、
『ぎぁぁぁぁぃゃぁぁ!やめてくれぇっ!まだ死にたくないんだぁぁぁぁぃぇぁあ!』
と叫び始めた。
なんだか色んな意味で可哀想な事をした気がしたから手袋をはめてやった。

今そいつは死神をやめて殺し屋を始めたらしい。
posted by ain at 18:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさに「(・∀・)」

73 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/24(土) 03:37:50 ID:Zhk6xEOK
自分はマイナー誌に載ってる有名な(今思えば矛盾)漫画家だ!と思ってた時期があった
思いついた場面を思いついたまま書き
バランスも取れてない絵で顔だけ漫画
昔は珍しかった携帯電話で自作自演の編集との電話
おまけに、自分で自分へのファンレターや批評を捏造
それらを印刷しては悦に浸ってた

押入れから発見したときは燃やして死にたくなった
posted by ain at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

43万円(随分安い)でコロし請け負います

25 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/19(月) 12:01:59 ID:a/DhAVWk
そういえば漏れの女友達にお病気の人がいた。
彼女は昼間は普通の高校生、夜は凄腕の殺し屋をやっいるらしく
「私の仲間にロシア人の双子の姉妹がいてね、
 その子達はテレパシーでうんたらかんたら」とか
体育の授業で偶々同じ見学同士だった時に、
携帯の着信に出るなり
「はぁ〜?!43万?随分安いじゃん!そいつからもうちょっと依頼料取れないの?」
と言っていた。
それに自分は元FBIの人間だと言っている事に
「本当にFBIだったら身分を明かさないんじゃ?」と疑問をぶつけたら、
「普通の人にはわからないよ…。
 だって、高校生が殺し屋とかFBIとか言っても信じてもらえないでしょ?」と真顔で答えられた。
彼女が常に来ているコート(彼女よりも大きい、いかにもな黒コート)
にも秘密があるらしく、触ったりすると
「駄目だよ!ナイフがあるから危ないって!」
と本気で怒られた時もあった。
「あ、マスターから仕事のメールだ」と英文びっしりのメールを
漏れや友達に見せたりと、殺し屋にしては随分オープンだったなぁ。
posted by ain at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

カードキャプター959

959 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/14(水) 17:57:59 ID:Mg+i60tO
では私の中二病エピソードを書きます。

中三の頃ドジっ子で内気な感じが可愛いと思って、そういうキャラを演じていた(ついでに魔法少女)

友達との会話の時とかに普通に喋ればいいのにわざと
「あの…」とか「えと…」とか「あう〜」とか付けて話してたww
具体的に記憶に残ってる会話を書くと
友「ねぇねぇ、○○ってどんなタイプの芸能人がいい?」
私「えと……○○○さんとかが好みですね〜…」
友「ふーん、あっ制服のボタン取れかかってるよ?」
 (と言って私のボタンを指でツンツンとする」
私「ひゃあ!!何するですか!?」
友「な、何って、ボタン…」
私「あ!何だ…ボタンか…すみませんです」

とかやって昼休みに屋上に出て架空の彼氏とこんな感じでほざいてた(一人二役)

私「ふー、やっぱり私”あっち”の世界の方が合ってるかな…」
彼「まぁ、俺もキツイと思ったんだけどな、全く長老の奴、外道もいいところだ」
私「しかたないよ〜…これも運命なんだから…受け止めなくちゃ」
彼「ってお前が先に愚痴こぼしたんだろww」
私「あ…そっか(笑)」
彼「そういや○○、昨日封印したフォルドリス(架空のモンスター)のカードちゃんと保管してるんだろうな?」
私「うん、昨日クラスメイトにバレそうになって焦っちゃったけどね(笑)」
彼「おいおい(笑)気をつけろよ。ただでさえお前はドジなんだから」
私「あはは」
とかやってたらつけて来たと思われるクラスメイト4、5人が影で見てたwww
(この時めちゃくちゃ焦った)
その後教室に戻ったら女子が一斉に私を見てきたww

あぁ…痛かったなぁ…(笑)
posted by ain at 17:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

何の意味があるのかね?

948 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/14(水) 00:01:13 ID:/lW8y0/j
最近になって思い出したけど、中学の時変な奴がいた。
そいつは、普段は目立たない男子なのだが、
午後三時になると授業中にも関わらず奇行をしていた。
突然大きな音を立ててイスから倒れ、床に正座し、
瞑想でもしているかのように目を閉じて動かなくなる。
周囲も驚いて声をかけるが、何の反応もなし。

また、ガンダムオタクだったらしく、
卒業文集の彼のページには一文字も書かず、
トレースしたようなガンダムの絵だけをデカデカと描いていた。
プロフィール欄には文字を書いていたが、
誕生日などを書く項目には「知っても意味が無い」
「何故そんなことを聞く?」または無記入。
他にも、
クラス名簿の自分の名前の部分を破いたりといろいろなことをやっていた。

当時は何かの病気かと不思議に思ったけど、
あれは中二病だったのかな…。
posted by ain at 13:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

氷と炎が打ち消しあって雪を消す呪文

939 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/13(火) 20:59:31 ID:rlHM31nK
今頃このスレを発見したので俺の中二エピソードを書くことにする

俺は中二の頃魔法使い(ベターでスマソ)という設定だった
架空の人物が俺にきっかけを与え、魔法の力を手に入れたという設定で、
自分のレベルは「年齢+収得呪文+心力」で計算。

呪文発動する時に最初に詠唱する起動呪文は
”ゾーフェイス・ダーフェイス・エクス・ソナ・クリスタレ”(←勿論適当に付けた)
俺の使う呪文はほぼ氷系でいつも呪文を唱えては
ポケットに袋ごと氷を入れておいた氷を地面に投げつけていた

雪が降ったとき
「しまった…少しやり過ぎたか…俺の呪文はコントロールが難しいからなww」
とかほざいて、
”ファイアー・ゾリッド・ケス・ディゴルド・ブレッドル”
と大声で叫んで(氷と炎が打ち消しあって雪を消す呪文)
バル・ソルト・リードという魔法の杖を振りかざしていた
(ホームセンターとかに売ってる奴を買って作った)
杖を魔法の玉(ビーダマ)に戻す時の呪文は”コロルド・ヴィード”

友達に「昨日の雪は自然現象じゃないんだ」と発言。
テレビでスキーとかの特集やってると
「俺の最大MPを消費すれば町一つぐらいの範囲なら楽勝に凍結させられる」
とほざいてた。
友達に将来の夢を聞かれた時、
「夢?…かぁ…俺もこんな運命を背負わなければ夢の一つぐらい持てるのにな。ん?あぁ!スマン、何でもない」
授業中に雪が降ると「っ!!またやっちまったぜ(笑)俺もまだまだ修行が足りんな」
天気予報が外れると「ふん!奴らはまともに天候も操れんのか!話にならん」
台風の予報が流れた時「んー、そろそろ風系の魔法も欲しいな」

あの頃周りはキモがってたに違いない
posted by ain at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

有名人も大変だ

936 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/13(火) 16:18:53 ID:W1oM23iL
19歳の頃にバイト先で出会った同い年の男の子。

「no fashion, no life」
「俺の座右の銘は“アンチ”"アナーキー”
 "(もう1個なんかそれっぽい英単語言ってたけど忘れた)”」
「俺の夢は広尾にshop出すこと。次くるのは広尾。広尾ヤバい」
「クラブに踊りに行くと(モデルの)大柴とか今宿とかいる。
 いるっていうか一緒に踊ってる。ってかほぼ友達」

そんな彼は思いっきり訛ってた。
私も地方出身者だし方言を馬鹿にするつもりは毛頭ないけど
「のーふぁっしょんのーらいふ」とか
凄いイントネーションで言われたらやっぱ面白いです。
posted by ain at 12:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 発見型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

もんぺ

630 彼氏いない歴774年 2007/02/03(土) 17:05:43 ID:r6g2CbrV
たしか厨2くらいの頃。
ドジっこってかわいい!と思っていて、わざわざ鼻の頭に墨をぬってた。
そして常に小走りで校内を移動し、3日に1度は階段から身投げをしていた。

体がもたなかったこともあり、厨3になってからはクールを目指した。
でも大幅に何か勘違いしていて東北出身なのに関西弁を使ったり、
「今からアタシのニックネームは『黒の皇帝』ね!」とかほざいていた。
裏のあだ名が「もんぺ」だったことを知ったのは随分後のことだ…('A`)
posted by ain at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

人の話聞けよ

184 水先案名無い人 2007/03/08(木) 19:48:34 ID:GazWHpvt0
>176
これでいいのかな。

まあ今日俺が、女がよ「ipod買ってww」ってねだるから秋葉原行ったわけよ、
するとよ駅降りた瞬間からすでに臭い童貞臭放つキモオタばかりなわけよ。
しかもそいつら俺の女を舐める用に見てくるんだべ。
もうこの時点で彼女怯えちゃってんのよ。で、俺も軽くリミット解除って感じ?
一人のデブにガンくれてやったら目逸らして逃げてやんのwwww
「超ダセーww」って彼女と爆笑してたらよ、
さっきのデブが仲間ののデブとこっち指差して笑ってんのよ、
もう俺その時点で頭きちゃってよー、「何だべ?やるべが?あ?」って聞くとそいつ、
「何ですか・・・何もないです」ってあきらか俺のオーラにビビッテルのねww
それで何もなかたっかの様に逃走しようとしてるのwww
で、俺は後ろからそいつの頭掴んでチョーパン→フックのコンボでそいつお釈迦。
周りのやつはそのデブおいて逃走wwwwww超おもしろかった
あ、俺先輩にボクシング習ってるから、素人よりかなり強いしww
パンチングマシーンでも200とか余裕で超えるし。

ま周りのオタどもはその後ビビって俺の事避けて歩いてたwwww
お前らって超ダセーなww

185 水先案名無い人 2007/03/08(木) 22:42:50 ID:C2O6iE+90
本当につよいやつは強さを口で説明したりはしないからな
口で説明するくらいならおれは牙をむくだろうな

186 水先案名無い人 2007/03/08(木) 22:48:55 ID:YNju1fqxO
>>185
まったくだよな
俺パンチングマシンで100とかふつうにだすし
posted by ain at 15:50| Comment(5) | TrackBack(0) | おもしろかったから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

7/17の日記

<挨拶>

子供の名前は「瑠輝矢」!
やっべwww
めっちゃかっこいいんですけどwwwwwwwww
まじうけるんですけどwwwwwwwwwwwwwwwwww

</挨拶>


そんなこんなでやっと更新しました。
停滞長かったですねー、すいません。
ちょっと炎斬剣を使って
天使と悪魔のハーフのヒロインを仲間にするのに時間かかっちゃって。
えへへ。
まあ異次元の世界も平和になったと思うので、
これからは1日1回を目標に更新していきたい所存であります。

それではどうぞこれからもよろしくお願いします。

7/17 ニートじゃないにーつ
posted by ain at 17:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バキボコにします♪

880 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/09(金) 17:21:28 ID:U2VpYyYc
部屋を掃除してたらなんか出てきて記憶が蘇って来た…。

小さい頃から漫画を描くのが好きでしょっちゅう描いていた。
みんなから誉められるうちに調子こいてプロになった気分になっていた。

帰りの会(消防)のときにわざと周りに聞こえるように
「編集部に原稿持っていかなきゃいけないのに…これじゃ間に合わない!」
とか言ってた。

クラスの男の子が騒いでれば
「うるせぇんだよブッ頃すぞ」
と教室の隅で聞こえないようにブツブツ言っていた。

卒業文集に「中学校に入ってからの目標」というコーナーがあったんだが、
そこには
「今まで通り男の子をバキボコにします♪」
とかバリバリの腐女子絵付きで書いてあった。
しゃべったこともないくせに何ほざいてんのお前。

中学に入ってからは周りにキモがられ友達も出来ず過ごしました。
そのときに自分の痛さに気が付いた。

知ってる人が誰もいない高校に行ってやり直して全てを忘れていたが、
卒業アルバムやら文集を見付けてしまい1時間くらい涙が止まらなかった。

あの頃の自分市ねばいいと真剣に思った。
posted by ain at 17:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガチガチに固めた薄皮のメッキは剥がれ落ちたんだ

860 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/09(金) 10:10:20 ID:Aiv3kss8
昨日、久しぶりに中二病友達から電話がきた。
色々自慢され、2時間経過。
以下その電話後に来たメール

『充電開始!熱くなって二時間も話しちまった。
お前も徐々に熱くなって大部メッキが剥げてたぜ。
最後の会話は本来の『俺』と『貴様』の昔からの会話だ。
内容がけなしあいじゃないのが残念だが判ったろ?
頭から尻まで互いを理解できないし理解しようとしていない関係だって事。
けど人間関係は崩れない、友達のままだ、
俺の恋愛は限り無くこれと同じ、ただ位置付けが変わっただけ。

まぁ馬の耳に念仏だな。
だが楽しかったろ?熱くたぎったろ?自分の意見を言いたかったろ?
その時点で自称紳士というガチガチに固めた薄皮のメッキは剥がれ落ちたんだ。

つまりは同類、微かな本音も首だし始めたし
最後の方は普段は口にしない
恥ずかしい野郎同士が話す話題でもない話のオンパレード。
今の会話で判った事は価値観の相違と短調か複雑かの差、
恋愛歳月が生み出す惰性と新鮮さへの熱意、
そして年取ったフりしててもたぎる魂に
火を付ける事の出切る暑苦しいまでに煮え滾ったお前と言う事だ。
安心したぞ流石俺のダチ。お前は特別だ。
だが明日はダメだぞ上辺だけでも彼氏は彼氏なんだからな。

ま、ゆっくりみてろ。
三年四年経ってもアチチな恋愛見せびらかしてやるから。
冷めない恋愛感情って奴をな。』

…(´д`)
posted by ain at 17:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ中二病の見本

838 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/06(火) 00:54:42 ID:IwokWwuN
>835
「Deep Love」の文章

 「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
 オヤジは、叫んだ。
 「許してくれよ!入れたかっただけなんだから」
 「バキッ!ボコッ!」
 ケンはかまわず殴り続ける。
 「ヒッー!助けてー!助けてー!」
 オヤジが悲鳴に近い叫び声をあげた。
 「お前みたいな奴がいるからいけないんだ!」
 ケンが叫びながら殴り続ける。
 「ギャー」
 オヤジの血があたりに飛び散った。ケンのコブシも血で染まっている。
 「世の中!狂ってんだよ!狂ってんだよ!」
 ケンの形相は、もうフツウではなかった。
 その様子を見ていた、ミクも従業員も
 言葉を失ってしまっていた。思わずミクが言った。
 「店長!それ以上やったら死んじゃう!」
 「ガッシ!ボカ!」
 ケンには、まったく聞こえていない。
 オヤジも失神したのか動かなくなった。
 「キャー、やめて!」
 ミクが叫んだ。
 「あっ……はい」
 従業員が後ろからケンを押さえた。
posted by ain at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろかったから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

;゚д゚)!  ゚∀゚)<ワタシシュゴレイ

807 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/03(土) 16:56:44 ID:SESaKbEJ
あああ・・・

自分が小4の頃
「れいちゃんとレイさんっていう守護霊が私にはついてるの!」
とか友達に言いふらしてました。
それだけなら未だしも、
「私にれいちゃんが乗り移ってくる・・・」と言って
「私はれい、●●(私の名前)の守護霊よ〜」と
友達の前でとんでもない自己紹介をしていた。
勿論友達ドン引き。
今思えばすごい電波です本当に有難う御座いました。
posted by ain at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うぜぇwww

785 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/02(金) 16:44:07 ID:v7XoZZ9n
裏中二病?高二病?なんていうか、「中二病を理解している私カクイイ」って奴が身近にいる。

数人でファミレスに食事に行って、
コーヒーに砂糖orミルクなし(つまりブラック)で飲んでたら
中二病扱いされました。「なんで態々ブラックで飲むの???ww」だのなんだの。
遠まわしに「よく中学生ってブラック飲めるの自慢するよねwww」だのなんだの。
私も他の子もなかなか困惑。「好みだからべつにいいんじゃないの??('∀`;)」
と言う子に対して、「ん、まあいいんじゃないの?ww(私見ながらニヤニヤ)」
あと鶏雑炊頼んだら(他の子はパスタやら何やら)また同じ状態。
「なんでわざわざそれなの??ww(ニヤニヤ)」。
安いから(1000円しかなかったw)と言うと
それを言うとまた「へぇーw」とニヤニヤ。どうやら私が中二病なのを馬鹿にされて
必死で弁解してるように見えているらしかった。

学校でも私に色々突っかかってくるな。
そいつは当然自分自身が周りに痛がられてることにまったく気づいてない
posted by ain at 17:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 高二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。