2007年10月24日

吸血鬼の行く末

※長いです

168 774 2007/06/16(土) 13:59:12 ID:YVVNLC4O0
私の従兄弟の話なんですが。

従兄弟は私より十歳年下で、内気で無口な、読書好きの子でした。
小さい頃はそれほど交流がありませんでしたが、従兄弟が中1のとき、
事情でしばらくうちで預かることになりました
従兄弟はほとんど私物を持たずにうちに来たので、毎日退屈している様子でした。
年が離れているし卒論等で忙しく、あまり遊び相手にもなってやれなかったので、
せめて本でもと私の書棚を開放してどれでも読んでよいと勧めました。
一応最初はいろいろなジャンルの本をまんべんなく読んでいたようですが、
ふと気づくとオカルト関係の本、
とくに吸血鬼についての本や猟奇事件に関する本ばかりが書棚から消えていました。
そういう本が好きなのかと思い、
古本屋でその手の本をたくさん買ってきて書棚に追加しておくと、
翌日にはまるごとごっそり消えていました。
今思えば、それは余計なことでした。
本を買ってきて与えるだけでなく、
忙しくとももっと話したり遊びに連れて行ってやったりするべきでした。

数週間後、従兄弟は家に帰っていきました。
彼が使っていた部屋は、中1の少年の部屋とは思えないほど整然と清潔に片付けられており、
何も残っていませんでした。私が貸した本も消えていました。
そのときは、本はあげてしまってもいいか、くらいに軽く考えていました。
それからしばらくして、従兄弟の母である私の叔母から連絡がありました。
息子の様子がどうもおかしい、気持ちの悪い絵を描いて妙な本ばかり読む、
預かってもらっていた時になにかあったのでは、というのです。
叔母は従兄弟が書いたというノートを勝手に持ってきていたので見せてもらうと
そこには「自分はリュシアス・ド・マルキュイス(こんな感じの名でしたが詳しくは憶えてません)であり、
ヴァンパイアの血族である。人間に体を滅ぼされたので魂だけで彷徨い、
ようやくこの少年(従兄弟)をヨリシロとして復活をとげた。本来の肉体と力を取り戻すために血の生贄が必要だ」
「ジャックザリパー事件はかつて同様の目にあった仲間が復活の儀式をとり行ったもの。自分も同じことをしなければならない」
など、中2病精神テンコ盛りの恥ずかしい内容がたくさん書かれていました。
そこで私は叔母に、この時期はそういう妄想をしがちだけれど、刺激すると本人にとても恥ずかしい思いをさせることになるから、
気づかないフリをしてたまに外に連れ出してやって他の事に目を向けられるようにしてやったらいいとアドバイスしました。

それからしばらくは叔母からも従兄弟からも何の連絡もなく、私も大学が忙しく従兄弟のことはすっかり忘れていました。
ところが翌年の夏、父からとんでもない話を聞かされました。
従兄弟が傷害事件を起こし、精神病院に入れられたというのです。

従兄弟は、叔母の再婚相手の娘で同い年の少女に睡眠薬を飲ませ、
ナイフで手首を切って血を啜っていたのだそうです。
幸い、たまたま用事か何かでパートを早めに切り上げて帰ってきた叔母が、
異変に気づき救急車を呼んだため大事には至らなかったそうですが従兄弟は手遅れでした。
支離滅裂な、自分は吸血鬼で再生のためにやったとか、
処女の血を得たからじきに復活してお前達を皆殺しにする…とかわめいて
暴力をふるって手がつけられなくなり、精神病院に入ることになってしまったというのです。
明らかに、私が「中2病」と決め付けた症状が悪化しての犯行でした。
私のせいで、従兄弟一家はめちゃめちゃになってしまったのです。

少女は回復しましたが、叔母は離婚されてしまいました。
従兄弟はいったんよくなりかけたものの、
退院して叔母が目を離した一瞬の隙に自分の首をナイフで切り裂いて死にました。
叔母は従兄弟の葬儀の直後に夜逃げして、今は行方不明です。
posted by ain at 17:12| Comment(19) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う‥‥嘘だと思いたい。
Posted by at 2007年10月24日 18:08
笑えない…ヤバイだろ
Posted by at 2007年10月24日 19:34
これはもはや中二病ではなく精神病
Posted by at 2007年10月24日 19:34
素で笑えない
Posted by at 2007年10月24日 20:59
中二にも限度が…
Posted by at 2007年10月24日 23:29
ありえねぇ。まじで嘘だと思いたい。
Posted by at 2007年10月25日 01:44
これ現行で見て引いたな
中二病も進行しすぎるとこうなるのな
Posted by at 2007年10月25日 12:05
嘘くさっ。←
Posted by   at 2007年10月26日 18:09
これを投稿した人は「ネタ乙」と言われただろう。
Posted by at 2007年10月27日 16:25
ネタでも怖いわ
Posted by at 2007年10月28日 03:15
中二病って中二以上で発症するから笑えるけど…
中1なんてマジで不安定な時期だろ
Posted by at 2007年11月12日 13:32
まあ嘘臭いな
クビを切り裂いて死んだってとこが特に
Posted by at 2007年11月18日 05:00
ナイフが嘘臭いw
中二病にそんな根性はないw
Posted by at 2007年12月03日 15:27
これ書いた人が中二病ってやつか
Posted by at 2007年12月10日 11:15
う 嘘だよね?(^ω^;)
Posted by at 2008年10月17日 16:38
嘘に決まってんだろwwwwこんなのw
くだらねえw
Posted by at 2009年04月08日 23:34
>叔母の再婚相手の娘で同い年の少女

ここに反応してしまった俺は中二病より終わってる
Posted by at 2009年12月20日 17:28
これマジなら猟奇事件とかの本を読ませたところからどうかと・・・
Posted by at 2010年10月12日 12:29
コメントの伸びに皆の動揺が現れてるぜ!
Posted by at 2015年05月29日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。