2008年01月25日

ホアチャー

172 おさかなくわえた名無しさん 2007/10/06(土) 09:25:37 ID:vS4oVyHp
昔、ゲーセンで働いていた頃、そこによく来てた客が変だった。

髪型は自分で切って失敗したようなマッシュルーム、
Tシャツの首がダルダルに伸びてて、
ジーンズの丈が足りなくてくるぶしが見えてるし、
ベルトは肋骨の一番下よりちょっと下ぐらいに締めてる。
年は20代前半ぐらいかな。
格闘ゲームをやりながら「ちっ!そうくるかよ!」
「ここのプログラムは違う?俺の指示とは違うぜ!」などと呟いている。
彼は中国拳法の達人らしく、
他の店員に「効果的な馬歩のやり方」「李家に伝わる沖錘の正伝」を講義したり、
彼が書いた下手くそな同人誌を見せに来たりしてた。
ちなみにその同人誌、半年ぐらい経っても鉛筆描きのままで完結せず、
半年後には違うタイトルになってた。
彼が書くマンガは、その時流行ってるアニメやゲームの丸パクリらしかった。

だんだんエキサイトしてきて、
ゲームの台を蹴ったり殴ったりするようになったので、
「すいません、叩かないでもらえます?」と注意すると、
それから来なくなった。
posted by ain at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 発見型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シャブやってるのかな?
Posted by at 2012年05月10日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。