2008年02月11日

ちょっと読みたい

334 おさかなくわえた名無しさん 2007/10/16(火) 21:57:38 ID:Rf5zFRXf
小学生〜中学生にかけて、書いてた小説が(シッコクノツキ)。
漆黒の月にしたかったんだけど、漢字を一発で書けなかったのがカコワルイ!と思って、
漢字で書こうとしたのを無かったことにして全部カタカナにした覚えがある。
主人公は冷徹な人造人間で世界最強で闇の世界に生きる一匹狼だった。銀髪にオッドアイ。
冒頭は爆発する研究所から脱走する主人公。
燃え盛る研究所を見下ろしながら主人公は
「俺はおまえたちのオモチャじゃないん あああああああああああああああ

何友達とか塾の先生に見せてんだ当時の私。
何「これリメイクしたらいけるかも…」とか思ってるんだ昨日の私。
今19です。
posted by ain at 10:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう思ってしまった私も闘病中です
Posted by at 2008年02月11日 13:12
テラミューツーの逆襲wwwww
Posted by at 2008年02月11日 17:40
ありがちっちゃありがちだけど、文章さえしっかりしてるなら読めるものになるんじゃないのw
Posted by at 2008年02月12日 15:59
設定が厨で文が上手いのは厨じゃないんじゃないかな
設定普通でも文が厨とかはあるし
Posted by at 2008年02月13日 17:58
なんか読みたくなってきた
Posted by at 2008年03月28日 23:21
じゃいん ああああああ
Posted by at 2008年04月09日 00:12
>じゃいん あああああ

人名に見えてきた
Posted by at 2010年12月27日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。