2007年02月14日

オウイエス!オウイエス!

839 水先案名無い人 2007/02/12(月) 18:46:18 ID:YqH5PoKR0
外人が山手線に乗っていて、
外人同士で何か話をしてたんだ。
俺は英語さっぱりだったが、
あたかも自分が英語が分かるような感じで会話に耳を傾け、
うんうん頷いていたり
外人が笑っている時は俺もプホッと笑ったりしつつ、
英語っぽいめちゃくちゃな言葉を小声で喋って突っ込んでた。
しばらく聞いてて、ふと「ん?」と小声で口にして、
英和辞典を捲ったりして「あ〜そういう意味だった。なるほどな」とか
あたかも「会話で分からない単語が出てきたから調べて解決した」
的な態度を周りに見せ付けてた。

そんな事を数回繰り返しててさ、
ある日また電車内で外人同士が会話してたのさ。
例によって、俺は会話に耳を傾け、うんうん頷いたりしてたのよ。
そして、しばらくしてまた英和辞典を取り出し、捲ってたのよ。
そしたら、後ろから学生?3人が「これ英語じゃなくね?」って
ヒソヒソ声で会話が聞こえた。
俺は次の駅で降りた。
しばらく駅ホームのイスであああぁぁぁぁってなってた。
posted by ain at 15:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

闇の格闘家

561 おさかなくわえた名無しさん 2007/02/11(日) 13:50:37 ID:x13xuhaA
中3の頃、ハンズのコスプレグッズコーナーで指抜きグローブを発見。
「闇の格闘家っぽくてカコイイ!!」と購入し、
次の日から私は闇の格闘家になった。
学校内では制服のポケットにわざと見える様にグローブ忍ばせる。
友人に「○○(私)ちゃん何そのグローブw」と言われたら
「手袋代わり」と言い訳。

ちなみに私服は闇の格闘家っぽく黒で統一。髪の毛は真っ黒ロンゲ。
そして指抜きグローブでかわいらしい愛犬2匹(中型犬)の散歩。
私の脳内では2匹の雑種犬は獰猛なドーベルマンに変換されてた。
その姿で散歩してる時に友人を見つけたら、友人に気付かないふりをして
「もはや理解者はお前達だけ…」と脳内ドーベルマン2匹に語る。
勿論友人は引いてしまい、私に声をかけずに去っていく。
そんな友人を見て「フッ…これも血の十字架を背負った者の宿命…か」

犬の散歩で転んで酷い青タン作ろうものなら
「グローブで喧嘩か?www」と言われ
内心「フン…愚かな下衆共め…不様に朽ち果てるが良い!」と
思いつつも愚かな下衆に構うのも愚かなので
「派手に転んでしまってさ」と無難に返す。

そんな闇の格闘家はある時クラスの男子に恋をしてしまった。
「血の十字架には抗えない…しかし彼が欲しい…」と日々本気で悩み
ある日犬の散歩中に
「何故だ!答えろ!私は…私は…!!」と意味不明な事を叫んだ。
この時私の脳内では両手からほとばしる蒼い炎で周りの雪が溶けてた。
驚いてポカーンとしてた脳内ドーベルマン達が
何かに気付いてジーッと何かを見てた。
その方向を見ると、
部活帰りだった好きな男子が痙攣しながらうずくまってた。

次の日、学校に行くといきなりクラス男子に全員に
「答えてやろうか?www」とか
「ワタシハ…ワタシハ…!!wwww」とか言われた。
その瞬間から闇の格闘家は廃業。
あの時は火が出てるんじゃないかって位顔が赤く熱くなってた。
いやーあの時卒業間近で良かった。・゚・(ノД`)・゚・。
posted by ain at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

('(゚∀゚∩うんこすればなおるよ!!

503 おさかなくわえた名無しさん 2007/02/07(水) 15:26:06 ID:1AVvmHRr
中学の頃、ありがちだけど病弱に憧れて、小食ぶったり
空の薬のビンにフリスクを入れてハァハァしながら飲んだり
貧血でよろける真似などをしていた。
これだけじゃ足りないと思い母の化粧道具から
顔の赤みなどを消すために使うグリーンの化粧下地を顔中に塗りたくり登校。
「どうしたの!顔色変だよ」と言われるたびに優越感に浸っていた。
それだけじゃ満足できず、今度は肺が悪いという設定で
家でも学校でもやたらと咳をするようになった。相当耳障りだったと思う。
心配した祖母が病院に連れて行こうとしたのでこの設定は終了。

今度は胃が悪いという設定に。
いつも腹部を押さえて「ううううっ・・・」と言うようになったが、
それからしばらくして本当に具合が悪くなり2日間吐き下すことになった。
その時に友達が家に届けてくれた連絡帳にはこう書いてあった

「お腹いたいときはうんこすればなおるよ!!早く学校来てね!!皆より」

それ以降病弱設定は止めた。
posted by ain at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思わせぶりにほくそ笑む

499 おさかなくわえた名無しさん 2007/02/07(水) 12:18:35 ID:0sRFGEbM
中学の頃、宝塚にはまった。よくない方向にはまった。

まず、美容院に宝塚本を持っていき、
「こういう髪型にして下さい」と注文。
写真の中の人は男役なので、かなりの短髪。
美容師さんは「あなた丸顔だからあまり短くしないほうが可愛いよ」
「そもそもこれパーマかけないと無理だよ」
と説得してくれたが、
「パーマかけないで、似た感じにして下さい!」と譲らなかった。
腕の良い美容師さんだったようで、
カット後は写真の男役と(髪型だけ)そっくりになったが、
ブローと整髪料をとればただのモンチッチ。
田舎の喪女だった自分に自前セットができるはずもなく、
数ヶ月を猿として過ごした。
悪いことにその間に修学旅行があったので、
卒業アルバムの自分は大半がその頭だ。

次に、「自分は宝塚にスカウトされた」という妄想にとりつかれた。
何か、歌もダンスも容姿もいまいちだが
宝塚への情熱を買われたという設定だったらしい。
当時、天海祐希が現役で、人気も才能も売るほどあるが
宝塚があまり好きではないらしいことが報じられていたため、
その逆バージョンを攻めたようだ。
16歳になったら無試験で宝塚に入れると妄想していた。
入団して2〜3年修行すれば、
自分の一番好きな男役の相手役になれるとまで思い込んでいた。
退団の挨拶も考えてた。
(私が今日あるのは、いつも私を支えて下さった○○さんと、
 応援してくださったファンの皆様のおかげです、みたいな)
(○○さんは好きだった男役)。

救いなのは、私の入団は極秘事項なので、
友達にも親にも喋ってはいけないという設定だったこと。
友達と高校進学後の話になったとき、
「私いないかも……」と思わせぶりにほくそ笑むくらいで済んだ。
あと、ファンレターの返事が来なかった。
普通宝塚では、
ファンレターを出すとファンクラブ入会のお誘いが送られてくるが、
私は週一で書き続けて一度も返信を受けることはなかった。
↑の妄想をダイレクトに文章化した電波便りだったから、無理もない。
けどそれさえ、
「私は入団間近でただのファンじゃないから、特別扱いされている」
と脳内変換していた。
posted by ain at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iTnI337xが命じる!(ぉ)

492 sage 2007/02/07(水) 03:13:37 ID:iTnI337x
>>490
若き日の鵺野先生乙。
霊力を上げられたようで。
今はどこの学校で教えておられますか?

自分も邪気眼系ですが・・・
高校で世界史にハマり自分がアメンホテプ4世
(実在したエジプトのファラオ)の生まれ変わりだと信じてた。
妄想がどんどん膨らみ、ついには前世がヒトラーと本気で語る。
口癖が、「世界を変える!」W
で、神童(私)による世界社会主義政権の樹立を脳内決意。
政治の知識が全く無いくせに
何故か社会主義がカッコいいとか思ってた。
社会主義は貧富の差が無く平等、
みたいに勝手にイメージしていたんだろう。
仕舞いには「全人類を統率すあsdfghjkl;:」」
親友にも、「今まで言えなくてごめん、僕の正体は明かせないんだ。
時期が来たらその時は・・・」とか本気で言う始末。
親友も当時オカルトマニア邪気眼なので、
「俺も薄々気が付いていたよ・・
 俺も実は選ばれた預言者である可能性が(ry」
こんな会話を、今はその親友と居酒屋で懐かしんでますW
お互い大真面目だったらしい。
最近たまたま『幻魔大戦』っていう
選ばれし超能力者みたいなアニメ映画が観て、
「ああ、こういうのひょっとしてあるかも・・・。」って思った。
まだ『ムー』の記事とか本気で信じちゃうし
私は明らかに未だ闘病中です。
posted by ain at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい守護霊をつけてあげる

488 おさかなくわえた名無しさん 2007/02/06(火) 20:53:32 ID:gHG+W+2u
ここに書くか恥ずかしい話スレに書くか迷ったけど投下。長文スマソ。

中学生時代、メンヘラ+オカルトに詳しい俺カコイイと思ってた時期があった。
市販されてる魔術の本を読んで家で実践している分にはまだ良かったんだが、
ある時から学校で実践するようになった。
一番早く登校して教室の黒板に魔方陣(自作)を書く
教室の四隅に結界の札(自作)を貼る
呪いの人形(自作)を目に付くところに捨てておく
など非常に迷惑な行動をした挙句、
当時好きだった子に 「いい守護霊をつけてあげる」といって
自作の呪文メールを一週間に渡り送り続けた。
守護霊付けの儀式完了後に告白したのだが、ふられた。
それで目が覚めれば良かったものを、今度は恋の魔術をあwせdrftgyふじこ

先日再会し、「あの時は本当に通報しようと思った」と言われますた。
死ね、俺。氏ねじゃなくて死ね。
posted by ain at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲロゲロゲロ

485 おさかなくわえた名無しさん 2007/02/06(火) 06:35:22 ID:basJuc+h
スレ読んでて昔の記憶が、、、

14〜15の時。床屋で髪型を決めるとき。
飢狼伝やバキのキャラを見せて、こういう風にしてくださいと注文していた。
で、少し仲のよかった女の子と帰る前には、彼女を守る白馬の騎士になる妄想ですよ。
↓こういうやつ
暴漢が来たら、正中線を突く。彼女の手を引いて逃げながら怪我はないかと聞く。

ゲロゲロゲロ
思い出しただけで恥ずい。卓球部の分際で何を考えてたのか。
posted by ain at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

もっこりパートナー!

376 おさかなくわえた名無しさん 2007/02/02(金) 17:03:41 ID:YhWVZ219
中3の頃復刻版のシティー・ハンターにハマった友達
が自分の事をシティー・ハンターと自称し
常にモデルガンを携帯するようになった
とにかく凄いハマりぶりで
女子の事をもっこりちゃんとか呼んだり
宮城なのに新宿がどうとか言い出したりかなりひどかった
ある日警察にモデルガン突きつけて補導され反省文10枚書かされてた
その日から彼がシティー・ハンターを自称する事はなくなった
posted by ain at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーフェクツ!

455 おさかなくわえた名無しさん 2007/02/05(月) 13:42:11 ID:Kd8oCQfA
中二病には邪気系・尾崎系・サブカル系があると聞いたけど、
思い出せば私は全部発症してた。
邪気系は大日本帝国時代の帝国軍人の生まれ変わりと自称して
尾崎系は煙草・酒やってますアピールをし
サブカル系は太宰を読んでインディースのヴィジュアル系ばかり聴いていた
勿論同窓会・成人式には行っていません
思い出すだけで挙動不審になる…。
posted by ain at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

・゚・(ノД`)・゚・。

371 おさかなくわえた名無しさん 2007/02/01(木) 23:08:19 ID:VJdQFO3q
消防の頃かな、ドラゴンボールが流行ってたのは。
みんな悟空の真似してさ、「かめはめ波ー」なんつってさ。
出ねーよそんなもん。出せるかよお前ら地球人に。でも俺には出せるんだ。
俺人一倍毛深かったんだよね。背中なんてボーボーでさ。何か猿っぽいじゃん?
マジで思ってたよ。「俺はサイヤ人の子孫」汗ギラギラの肥満体のくせに。
で、教室。円グラフなんか見て体をビグ、ビグンって
ゆすったりして、満月で大猿になるみたいに。
ずっとやってた。急に胸押さえて心臓病のふりとかもしてた。
王子ぶって、周り見下してた。
で、そんな俺に、唯一仲良しのT君が言ったのよ。
「気持ち悪いよ」「何してんの?気持ち悪いよ」
俺プッツン、彼を殴った。蹴った。
髪も金色のつもり。ピッカピカの丸坊主だったくせに。
それ以来T君とは話さなくなって、中学、高校、一浪して今は二十歳の大学生。
で、こないだの成人式。
俺一人でいると、向こうの方から懐かしい顔ぶれが歩いて来る。
その真ん中は、分かるよね。
俺バカだから、「ゴメン」も言えない。どうしよう。何か話す事は?なんて。
空白の7年間?話し方なんて、忘れちゃったのに。
T君こっち来るよ。平静をよそおえ!「ひ、久しぶり…」
T君俺の方チラッと見て、チラッと見たんだよ、確かに。俺の横を素通りしてったよ。
ごめんね、T君。俺が悪かったよ。許してよ。俺今一人なんだよ。友達もいないよ。
中学でも高校でもいじめられて、
死ぬほど怒っても、超サイヤ人になんかなれなかった。
ウソばっかり言ってごめん。ごめんなさい。だから、挨拶だけでもいいから。お願い。
今更無駄だよね、でもT君楽しそうだったよ。いい友達見つけたんだろうね。
かたや俺は、カッコつけてウソついて、この様よ。爆笑もんだよ。
でも、聞いてよ、T君。俺一つだけホントの事言ってたんだよ。
俺、心臓悪いんだって。
爆笑もんだろ?
posted by ain at 08:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

だから待ってて!(違)

332 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/30(火) 18:21:32 ID:lc+Z///Z
中学生の頃本当に心から
異世界からの使者が私を迎えに来ると信じていた。
だからワクテカしながら毎日窓ガラスを
ぶちやぶって迎えにくる使者を待ってた。
家に帰っては無地のノートに異世界設定
(その世界の食べ物や服や植物などを描いたもの)を考えて描いていた。
しかも色エンピツでカラーで!!
なんか旅するときに乾燥みかんとか買う予定だったらしい。
あと乾燥イチゴとか。
(フリーズドライのイチゴはリアルの世界でもある事知って驚いた。)
植物は今見るとどこにでもありそうな雑草のようなものだった。
出会う人物は細面で長髪のドラゴンとのハーフの美形だった。
そいつと運命の恋人になる予定だったらしい。
ついでにライバルもいた。ライバルも金髪の美形だった、
そいつの恋人は意地悪そうな美人。
私は異世界に行ったらなぜか真っ白なワンピースのような服を着て
背中まで垂らした黒髪の美女になるって設定だった。
友達にも「いつか私異世界に行くから!」と公言してた。
posted by ain at 18:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

擬人化キタコレ(違)

328 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/30(火) 14:30:04 ID:dAXAQS+X
私は中学のとき、ネコと会話することができ、
自分自身も夜は闇に紛れる黒猫になるという脳内設定を作っていた。
きっかけは、ネコの声まねが上手いと誉められたことで、
どうしてかそこから道を踏み外した。

友達と帰っているときにネコと出くわすと、鳴き声をかける。
驚いてジッとこっちを見るネコを見て
「あら、あなたこんな遠くまで来てるの?うふふっ」と話しかけると、
友達が「知ってるネコ?」と聞くので「彼とは昨日の夜に会ったんだけど、
驚いたみたい。私の姿が違うから…あ、なんでもない!」などとのたまっていた。
授業中寝たふりをして、教師に怒られると「んにゃぁ…邪魔しないでよぉ、
ネコは寝るのが仕事なんだから…ハッ!なんでもないですっ!」とか
もちろんプールの授業は全部休んだ。
見学していて、友達に水をかけられたら「シャ-ッ!!!!」って威嚇する真似もした。
短距離走では「ネコダッシュ!」とか言いながら、
つま先だけで走る技を編み出した。
脳内では気高くしなやかな黒猫が颯爽と走る絵が再生されていたが、
実際はビリだった。
顔を洗う仕草も真似して、手の甲あたりをなめて、顔をぐりぐりしてた。
…絶対唾液くさかったと思う。

段々と友達に距離を置かれても「孤高の黒猫カコイイ!」と更に悪化。
一人になった帰り道で相変わらず
「今晩は集会ね…4丁目の新入りは来るのかしら」とかネコに話しかけてた。
「おっとデター!化けネコだァー!!www」と通りかかった男子に
馬鹿にされたが「お前ら低脳には、私の苦悩はわからないにゃ!」と無視して
ネコを抱き上げようとしたら、盛大にひっかかれて、大騒ぎに。

ばい菌が入り、盛大に腫れた手を見ながら、
ネコに裏切られたと思い、人間に戻ることにした。
posted by ain at 16:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

わたしの「妻」

279 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/27(土) 18:28:39 ID:9UJzPYP9
中学の頃、自分は本当は男で、
訳あって女の格好をして生活してるって設定を作ってた。
女子トイレに入った後もわざと便器を上げておいて
「やっべ!やっちまった」と言いわざわざトイレまで戻ったり
「オレ・・いっ、いや私は〜」とわざとらしく言い直してみたり、
女の子にベタベタしまくって異性の前ではさも興味のないフリをしてた。
制服に関しても「こんな足のスースーするもん履けっか!」と言って
登下校は必ずジャージを着てた。(ちなみにバリバリ文化部)

そのうち同じ部活のピザな腐女子を「妻」と呼ぶようになり、
授業中でも廊下に「妻」が歩いてるのが見えると教室を飛び出したりした。
人の目に付くところで「高校出たら二人で一緒に暮らそう」と言って
抱き合ったりもした。しかし、この生活は長くは続かなかった。
「妻」に彼氏が出来、全く相手にされなくなってしまったから

同窓会で「あんたの妻は元気なのw」と言われて思い出した。
死にたくなった。
posted by ain at 21:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2人のビリーミリガン

276 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/27(土) 17:28:03 ID:7tiNqocX
中学の頃、私は桜の妖精の人格を持っていた。
毎日家にある桜の木に話しかけては自分で答えるという一人二役をし、
親に怪訝な顔をされたら
「一人でしゃべっていたんじゃないわ」と妖精になりきって答えていた。
(ビリーミリガンとかが読まれていた時代のことです)
当時は、一人二役で交換日記までやっていた。
その交換日記を先日実家の引越しの際に発見して思い出した。
速攻捨てたよ。
10年以上前のものなだけに、その間に誰かに見られてやしないかと不安。
posted by ain at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先輩へのラブレター

270 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/27(土) 14:42:39 ID:hq8u9nnY
昔某板に投下した事があるのだが、
高校時代に書いた先輩へのラブレターの事を思い出した。

とりあえず、私は彼を初めて見た瞬間、歓びのあまり「甘い涙」を流したらしい。
そして彼には半透明の金色の翼が生えていたらしい。
そして彼を一目視界に収めるたびに神に百万回愛の賛歌を捧げたらしい。
全宇宙の全存在が幸福と悲しみを同時に私に与えたらしい。
それからええと、彼をどうも見つめるだけで、言葉をかわせるだけで、
頭から何か分泌されたらしいんだわ。何?脳内麻薬?
彼の眼差を三千回輪廻しても覚えているそうだ。
勿論そんな眼差しとっくに忘れてます。てゆーかこの彼って誰?状態なんですが。

一番恐ろしいのは、このラブレターを出したか出していないか覚えていない事。
ここまで記憶が曖昧だと、
何となく私はヘンなハッパでもやってたんじゃないかと疑いたくなる。
やってないと自分を信じたい。

271 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/27(土) 15:01:04 ID:2v9g94EN
ラブレターを出す→学年中に広まる
→>>270、恥ずかしさのあまりに、脳が記憶を封印してしまった。

272 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/27(土) 15:07:05 ID:hq8u9nnY
>>271
それぐらいならハッパやってた方がマシです。
posted by ain at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さあ布団で悶えるがいい!

268 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/27(土) 03:37:02 ID:tgYXPfc4


ねぇ、××
ホントはね
どっちもウソツキで
君に信用してもらえるほど
綺麗じゃないんだ。
憎しみに血塗られたわたしは
決して綺麗じゃないんだ。
わたしは一人は嫌いじゃなかった。
××に会うまでは。
わたしは孤独だった。
××に闇から救い出してもらうまで。
××…君を悲しませたくない。
わたしを闇から救い出す手くれた君を。
心の底から愛しい君を。

だけど僕はあまりに汚い。
わたしはこんなにも汚いよ。
それでもわたしを信じてくれる?




以上、過去のわたしが友達に当てようとしたポエム。
名前以外原文母。改行の多さもそのまま。
送らなくて本当に良かった。
posted by ain at 14:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

拝啓 私

254 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/25(木) 17:05:33 ID:JLxTRIdX
昔、ある漫画のキャラクターが大好きで将来絶対結婚する!と周りに言ってた。
その頃学校で「21世紀の自分へ手紙を書こう」というものがあって、
その手紙に「○○様と結婚できてますか?」など、そのキャラクターの事ばかり書いた。
それを書いた事もすっかり忘れてて数年経って21世紀になった正月
に、その手紙が実家に届いたらしく、親が勝手に開けて読んだとの事。
あぁ〜!最悪…orz
自分一人で読んでも相当恥ずかしいのに、親に読まれたかと思うとorz
posted by ain at 17:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I'm a Hiroyuki!!!!!!!

700 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/23(火) 22:07:30 ID:HVlW7/8c
過去というか、先週くらいのこと。
列車(田舎なので電車はない)を待つ駅で、かかってもいない携帯を取って耳に当て、
「もしもし……は!? まっ、マジで!?ちょwwwwおまwww冗談だろ?www」
ってやや大声で話す。
他に列車を待つ人もそんなにいないし、駅内は静かだったから声が響いて、
ほぼ全員自分の方を見始める。
それでも気にせず電話(のフリ)を続け、今度はテンションをかなり下げて
「はー……マジかよ……2ちゃん閉鎖するしかないじゃん……」と言う。
続けて
「ん、そうだな、FOXには上手く言っといてくれ。マンションの方は……どうすっかな」
とか、列車が来るまでやってた。

すべて「あの……もしかしてひろゆきさんですか?」と言われたくてやっていました。
大声出してすみません。
佐賀にひろゆきがいるわけねーよ。
posted by ain at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

能ある鷹は爪を隠す・・・?

213 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/22(月) 07:13:21 ID:L2LyytQG
あれは高2の頃の話。
うちの高校では毎朝10分間、教室で読書するというきまりがあった。
周り(女子校です)は今流行の映画の文庫版など、可愛らしい物を読んでいる中、
私はオールカラーのアインシュタインの本を読んでいた。(頭が良さそうなので)

その中に、見開きでアインシュタインの直筆の式のようなものが書いてあり、
文系だしまったく理解不能なのにもかかわらず、
「…なるほどね、これが相対性理論。彼のこの発見は科学を変えたわね」
と言わんばかりの感慨深げな顔で、
ため息混じりにミミズにしか見えない物理の式を眺めていた。
あの時じっと私の本を眺めていた担任・数学担当の先生が
なんて思っていたのかガクブル

他にも、数学などが赤点であったことなどは、
「私はね、こんなところで本気を出さないの」という、
その当時憧れていた『勉強はできないけど実はIQ180の天才』設定に
なりきっていた。
posted by ain at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

大人な俺

201 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/21(日) 04:16:10 ID:khlUUCOU
昔スイミングスクールで親が迎えに来てるのに
大人な俺を演出するためにバスに乗れなかったふりをしフロントで演技
母に電話するから大丈夫ですと受付のお姉さんに伝えた

数分後
心配したお姉さんがバスを召 喚し や が っ た
あの時の母さんと運転手さんと友達の怪訝な眼差しを見るとウォォォォ
posted by ain at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。