2007年12月22日

うさぎちゃん!変身よ!

523 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/05(水) 08:32:42 ID:2paIOQRc
中学生の時、自分は特別で選ばれた人間だと思っていた。
今の親は記憶を変えられて本当は血が繋がっていないけど実の子だと思って育ててくれている。

もうすぐルナ(セーラームーンの黒猫)が迎えに来るんだと黒猫を見る度立ち止まり見つめていた。
家族団欒していてもこれは偽りの家族と時々トイレで泣いていた。

学校では大人しくて友達も居なかったから口外して居なかった事が幸いだ。
セーラームーンやってたの小学生の頃だったのに…
posted by ain at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

大人の黒

503 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/04(火) 20:35:23 ID:rnxp6tV+
>>438
馬鹿な奴ほど「大人は子供のなれの果て!」とか言って
まるで自分が一番世の中を理解してる様な話し方するからな。
その割に、子供扱いされると
「いくら図星だからって屁理屈イクナイ!」とか平然と言うし
自分よりもしっかりした考え方持ってる人間には、嫉妬というか、
こいつの言葉には正当性は無いんだという事を示そうと必死で荒探しを始めるし。
自分もこんな阿呆な奴に出会った事があるが、
あんまり言う事が過ぎるんで
「余りそんな事言ってると周りが離れていくぞ」と言ったら
「コーヒーに砂糖入れてる様な人間が何言ってるんだ!
もしかしたら図星な事言われて頭にきてるんだろ!そうだろ?!」
と小一時間しつこく言われた。
確かに今でもコーヒーに砂糖入れてるけどさ……。

504 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/04(火) 21:07:08 ID:o4lXyunV
口調も子供みたいでカワイイ

505 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/04(火) 21:07:23 ID:qDI88Yiq
ブラックコーヒー=大人の象徴ktkr

506 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/04(火) 21:42:28 ID:cvJDRPEe
>>503
「もしかしたら図星な事言われて頭にきてるんだろ!」ってところを見ると、
その人は日本語も少し変みたいね

507 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/04(火) 21:45:48 ID:IX6PrgCs
砂糖入れたっていいじゃないか
苦いじゃん

508 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/04(火) 21:56:07 ID:KpCOnoTj
チョビット入れた方が、胃には優しいんだぜ。

509 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/04(火) 23:11:52 ID:AveDcVsM
苦いだけの大人なんてさ

511 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/04(火) 23:18:09 ID:lC9WpRh+
>>509
なんとなくカコイイ!
posted by ain at 14:34| Comment(3) | TrackBack(0) | おもしろかったから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

我が愛馬

426 おさかなくわえた名無しさん 2007/08/31(金) 22:32:11 ID:YG5lNddw
今日さ、両手離して自転車乗りつつ
ネルシャツのボタン留めてる奴見て中二病だった頃の自分を思い出した

自転車のボディは絶対黒って決めてて
名前は「黒竜号」
前世は絶対貴族か何かで、馬に乗りまくってたって設定で
ラオウの真似って言うか、両手離して胸の前で組んでさ
「ふふん」みたいなな
乗り終わったら「お前も疲れただろう、お疲れ」とかって話しかけてた
思い出したら居た堪れなくなって書き込んだ
posted by ain at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

完全犯罪

418 おさかなくわえた名無しさん 2007/08/30(木) 20:18:36 ID:rDl4xP4Z
中学生の時、
「悪いことしてるけど怒られない」のが完全犯罪っぽいと思ってた。
俺は掃除場所に行くと皆に逃げられていたので、
掃除の時間は空き教室の窓から掃除をしている人を眺めていた。
見付かったら「俺一人より他の人間が沢山居たほうが効率がいいでしょう?」
とか言ってクールに決めてみせる。
先生は俺を他のクラスだけど友達がいる掃除場所に移動してくれた。
犯罪者の素質があると思って大満足だった。
先生ありがとう。今じゃ犯罪なんて怖くて無理です。
posted by ain at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

猫とライオン

401 おさかなくわえた名無しさん 2007/08/29(水) 22:58:46 ID:cv3KuJIi
厨房の時、同じ学校というか同じクラスにも
邪気眼のような中二病の男子がいた。
腕に包帯巻いたり眼帯したりして、誰も聞いていないのに、
「こいつ(包帯)を取ったら、またアイツが出てきて暴れちまうからな……」とか
「傷の治りがいつもより遅い……もうこっちにいるのも限界、か……」とか言ってた。
それでその男子は「もう来やがったか……ちくしょう!」とか
そんな感じの事を言って教室からよく飛び出していたんだけど、
クラスメートは皆呆れていたり、「何あれw」って馬鹿にしてた。
そういう時は友人から「何なんだろーね、あれw」と話しかけられていたんだけど、
「さぁ、ね? そういうことしたい年頃なのよw」と、私は肩をすくめて、
大人の女性っぽさを醸し出しているつもりでいた。

そしてある日の放課後、
タイミング良く私とその中二病の男子が2人だけ教室に残った。
その男子は自分の机で何か書いていたのだけど、私は鞄を持ってドアの方へ向かい、
振り返って「ねぇ、もうすぐ来るよ」と言って、不敵に微笑んだ。
男子も何のことか分からず、「お、おう……?」とだけ言っていたが、
「詳しい事、聞きたいなら……明日、同じ時間に」とだけ言い残し、帰った。
次の日の放課後もその男子は残っていて、他に人がいなくなったのを確認した私は
「残っていてくれたんだね……。知ってるよ、キミが薔薇十字団と戦ってること」
と、男子の手を握った。
その男子も中二病なもんで、
「あ、ああ……あいつら、こっちじゃ姿隠してっけど、あっちじゃ結構有名だもんな」
って戸惑いながらも、のってくれてた。
「もうすぐ、ヴェネシングサッポーロが来るの。……B.J.D(薔薇十字団の略)の、ボス。
 このままのキミじゃ、勝てない。でも、私はヴェネシングサッポーロの秘密、知ってるの。 ……私の、お父さんだから。隠しててごめん。私の本当の名前は、ヴェ・シルビア・ネス・サッポーロ……」
と、ここまで言ったところで男子は手を振りほどいて「ごめんなさい!」と叫びながら帰っていった。
次の日から彼は中二病っぷりを発揮しなくなり、大人しくなった。
そして私を恐ろしいものを見るような目で見てくるようになった。
posted by ain at 21:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

12/12の雑記

なんか最近メディアで中二病流行ってない?
きた?中二病の波きた?


自分で書いててイラっときました。管理人です。

私事が立て込んできたので近々更新頻度が下がるかもしれません。
パソコンをつけたらなるべく更新しようと心がけるよう日々努力しているのですがなんいとうのでしょうか、やはり人様のサイトを巡回していたらもう朝とかよくあることなので駄目かもしれません。人間として。管理人として。

・・・。

そうそう、そういえば久しぶりにリアル患者と友達になれたので日々楽しく観察しています。日記もつけています。
そのうち公開するかもしれません。
ごめんなN君!

相変わらず文章をまとめる力がありませんがもうすぐバスの時間なのでここら辺にて。
posted by ain at 19:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラッドマスター

369 おさかなくわえた名無しさん 2007/08/28(火) 00:11:56 ID:eTjyBmog
高校の頃クラスにいた中2病の女子は普段から「私、血を見るのが好きなの」と
にこやかな笑顔で言うから逆に怖がられてた。カッターを無意味にカチカチならすし、
両手首に包帯巻いててヤバい人だって言われてた。
なるべく関わらないようにしてたけどついに席が前後になってしまった…
話しかけられると無視できないから答えていると
ある時に「ねぇ、どうして血ってこんなに赤黒くて綺麗なんだと思う?
私動脈切るのがマイブーム。私、血と会話できるんだ。だから時々こうして手首を切って、
血と話すの。いろんなことがわかるんだよ」と言われた。
どう受け答えていいものか悩んだけど「痛いのに切るの?」と言うと怪しげに笑って
「痛い?それは血と話してないからだよ、私は今でさえこんな生活だけど
ブラッドマスターなの。血を統べる者よ。だからこんな赤黒い血が出ても
痛くもないし、切っても私は死なないの…ふふふ」と言って包帯をとった。
勿論周りの子にも聞こえるから周りの子ドン引き。
私もどういえばいいかわからなかった。
看護系の学校を受験するための勉強をしていた私は
「赤黒い血は静脈だから、その動脈切るマイブームは違うんじゃない?」とついこぼしてしまった。
するとその子は「ブラッドマスターを馬鹿にしないで!!」と睨み付けてきた。
「私の血が疼く…あなた、私の赤血球が怒ってるよ…出てきたがってる…!燃えるように熱い!!」
と言ってカミソリで手首を切りはじめた。周りの子が騒ぎ出して、先生が止めても
その子は切るのをやめない。やばい!どうしようと焦って私は
「ブラッドマスターなら、赤血球をしずめれるし傷だってすぐ治るよね!」と言った。
沈黙。その子はなきそうな顔で手首を切るのをやめて包帯を巻き始めた。
いつもより深く切ってしまったらしく、彼女の赤血球はなかなかしずめられなかった。

後日、どうやらブラッドマスターの資格を奪われたらしくその子は
血の声が聞こえなくなったから、手首を切るのはやめたの!と言っていた。
まぁ何にせよ、リスカが止んでよかった。
それから彼女は『マスター』と男子から影で呼ばれることになった。
posted by ain at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

ちゅー

335 おさかなくわえた名無しさん 2007/08/26(日) 01:19:11 ID:yOoQsuAY
〜それに比べて中2病の範囲は広いな。

自分の中2病といえば、兄に対して
「私とお兄ちゃん…血がつながってないんだって」と悲しそうに言う
→真実を知ってしまった悲劇の妹みたいな設定。
もちろん本当の家族だったんだけど、何か悲劇がかっこよさそうに思ったから。
友達にも言って同情を誘ったりして、兄ちゃんもててたし、
マンガにある展開みたいな感じでちょっと酔いしれてた。
すると兄大爆笑(かなり笑い上戸)→背中をバンバン叩かれながら
「やっぱ兄妹だな俺ら!俺もお前くらいの時に父さん母さんにそういう感じのこと言ったら二人から熱烈キスされたぞ!!」と言われ
→チューされる
→当然きもちわるい
→その後両親にちくられる
→兄と同じ展開に
→中2病終了。
友達には、母親の勘違いだったと母のせいにしてこの問題を収束させた。
posted by ain at 16:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

ちゃーららーららー、ららー♪

320 おさかなくわえた名無しさん 2007/08/25(土) 20:53:31 ID:2WdA+/7P
丁度中2の時、隣にいた男子(勉強できる)がノートに一生懸命なんか書いてた。
「何書きよん?」と聞くと、その男子は
「今度発表する論文の締め切りが間に合わないんだ」と
焦って頭を掻き毟って(金田一みたいに)いた。
普通に感激した私は見せてもらうことになった。
『シュレーディンガーの猫による相対的理論変動』と
題されたその論文を斜め読みすると
びっしりと書かれている字、カタカナがいっぱいで知らない単語だらけ。
しかし、斜め読みとはいえ何となく違和感があった文があった。
それは『もしシュレーディンガーの猫が猫であったならばその時、膨大な可能性により
確率的フレッドペリエル粒子の行き場がなくなり、…』という文。
猫が猫であったならって何だ?と思ったがそこは自分の無知だろうと思った。
晩御飯の時、そのことを兄に話すと兄大爆笑。
ちなみに数週間後、彼は制服に金色のバッジ(?のようなものをつけ私に
「この間の理論が認められて、これをもらった」と言ってきた。
その金色のバッジをよくみると、「YEBISU」と書いてあった。
ジロジロとみる私に彼は「発表したのはイエロービスク会という場で
世界中の理論者が集まるんだ。この字はイエロービスクの略字で
優秀な理論を発表した者だけがもらえるものなんだ」と得意気にいった。

その日の晩、父が飲んでいたビールの王冠がイエロービスクのバッジそっくりだった。
posted by ain at 14:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 親類型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

ドメスティックが止まらない

427 占い師(神奈川県) 2007/08/24(金) 14:14:23 ID:Mlpe2DSY0
>>420
頭悪い中学生くらいだとそんなもんだよな。

俺が高校生の時に高校の後輩がヘビメタバンドみたいなのやってて、
曲も悪そうなのばっかりだったが曲の間とかに悪そうな言葉をよく叫んでた。
で、その当時はDVって言葉が流行り始めてたんだけどさ、
流行り始めてからすぐにその後輩は曲の間に「ドメスティックゥゥゥッッ!!ドメッ!スティッックーーー!!!」って叫んでた。
おそらくバイオレンスよりドメスティックが悪そうな言葉に聞こえたんだと思う。
posted by ain at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 自己型中二病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。